*

「営業」と「現場」

公開日: : ファッション物流 ,

 

PASONA_24_TP_V[1]

おはようございます。

 

 

新人営業の呉屋です!

 

 

もうあっという間に4月も終わりですね。

本当に毎日がはやいです、、汗

 

 

 

 

 

昨年11月に営業に異動してちょうど半年。

 

 

 

今回は、

「営業と現場のちがい」

について書いてみようと思います!

 

 

 

 

 

今までも何度かブログに書いていますが、

私は入社してから1年半、現場担当として主に事務を担当していました。

 

 

 

当たり前かもしれませんが

現場と営業では、業務の内容をはじめ環境が180度違います。

 

 

 

あ、でも正確には

160度ぐらいかもしれません。笑

(その理由はあとでご説明します!)

 

 

 

 

まず、おおまかに言うと現場では

常に作業を滞りなく行う為に、

現場状況(社内)と向き合うことが主な仕事です。

 

 

 

 

そして営業は、

お客様と直接お会いする機会が多く、

社外向けの仕事が主です。

 

 

 

 

現場は日々時間との勝負。

業務をどれだけ速く、精度良くこなせるか?

ということに全力を注ぐので

1日1日を必死にこなす、短期集中型!といった感じでした。

 

 

 

 

 

 

一方営業は、

例えばHPなどでお問合せをいただき、

お客様からご相談を頂くと

 

 

そこからOTSとしてなにができるか?

どうやったらこのお客様と長くお付き合いができるか?

ということを考えることから始まるので、

常に長期的な思考を持つことが必要です。

 

 

 

 

そこがまず、私が営業へ来て感じた「違い」でした。

 

 

 

 

 

 

 

でも、私がこの半年で気づいたことは、

現場も営業も目的は同じだということ。

 

 

 

 

営業は、現場が効率的に動けるようサポート

するのが大前提であるのと

 

 

現場も、担当しているお客様と

どうしたら長く付き合っていけるのか?と考えたうえで

日々の業務をこなすことが前提にあるということ。

 

 

どちらかが偏っていては、会社が成り立たなくなります。

 

 

 

しかしそこのバランスを取るのもなかなか難しいことで・・・。

 

 

 

つい目の前のことに追われてしまうと、

周りが見えなくなります。

 

 

 

営業と現場のギャップや対立は、

どんな業種にもあるはなしです。泣

 

 

 

でもそれは当然のことだとも思います。

 

 

 

それは、日々やっていることは違うし

多分お互いにやっていることが

完全に分かっているわけではないからです。

(少なくとも私は現場担当の時、営業の仕事内容は全く分かりませんでした…笑)

 

 

 

でも、日々やっていることは違っていても

「お客様のため」という目的は同じだということです。

(それが180度ちがう、とは言わなかった理由です。)

 

 

 

 

 

 

もちろん経験がまだまだ浅い私は、

自分が担当したお客様以外の

業務ももっと勉強する必要があるし、

 

 

営業としてすべきことも、

まだまだ学んでいかなければなりません!

 

 

 

 

 

でもいま、この半年経って気付いたことを

どれだけ社内にも社外にも伝えていけるようになるかが、

私のこれからの役目だと思います。

 

 

 

ではまだまだ営業としては新人の私ですが、

頑張っていきたいと思います!

 

 

The following two tabs change content below.
呉屋朱理

呉屋朱理

物流女子(ロジガール)。沖縄出身。大学から東京へ上京し2015年OTSに新卒入社。その後1年半大手セレクトショップEC倉庫の現場事務を担当。現在マーケティング部営業企画室にて営業2年目。日々成長中。最近山歩きやランニングを始めて、鈍った体を動かそうと必死です。
呉屋朱理

最新記事 by 呉屋朱理 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

物流の請求項目が細かいワケ

阿藤 貴彦 阿藤 貴彦

記事を読む

棚卸について

阿藤 貴彦 阿藤 貴彦

記事を読む

OTSで対応出来るサービスメニュー

福田 ちづる 福田 ちづる

記事を読む

OTSの服装・身だしなみについて

福田 ちづる 福田 ちづる

記事を読む

自分で削減できる物流コスト

阿藤 貴彦 阿藤 貴彦

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
物流倉庫における保管料の相場や計算方法を解説

メーカーや卸売企業、小売店舗を経営するうえで、自社が取り扱う製品の在庫

物流業界における市場規模の動向や今後はどうなる?現状の課題と共に解説

2020年以降、コロナ禍によって大幅な減収・減益となった企業も多く、さ

【EC通販に必須】緩衝材とは?種類や上手な選び方のポイントを解説

ネット通販で買い物をしたとき、必ずといっていいほど箱のなかには紙やプラ

【EC・D2C運営必須】商品の同梱物の効果やメリット・活用方法を解説

アパレルやファッション、ジュエリーなどの販売においては、従来のような実

在庫管理における適正在庫の計算方法や維持のポイントを解説

商品をより多くのユーザーの手元に届けるとともに、自社の利益を最大化する

PAGE
TOP