*

【創造する未来】

公開日: : 最終更新日:2023/05/17 経営者視点

おはようございます!

 

今日はちょっと涼しい位の朝になりましたね。

一昨日から急に背筋が痛くなって、ちょっと今朝は入念にストレッチをして気持ちを整えてきました。あまり自覚はないのですが、ちょっと気持ちが波立っているのかもしれません。

 

ちょっと深呼吸して気持ちを落ち着かせて、今週も元気に楽しくいきたいと思います!(^^)!

 

 

【創造する未来】

 

「未来は予測するものではなく創造するもの!」

 

先日、『Fashion Business 創造する未来』という本の著者である尾原蓉子先生の話を聴いたときに印象に残った言葉。

(※題名をクリックするとAmazonへ)

IMG_0789

確かに、未来を必死に予測しようとして世の中の環境や技術の発達は予測できても、そこに自分のアクションがどう絡んでどんな結果につながるかはまさに自分の行動次第だから。

 

その変化する環境に対応したり技術を使っていくことで自分自身の成長や進化ができることこそ、未来を創造していくことにつながる。

 

 

今回の講師、尾原蓉子先生の著書『Fashion Business 創造する未来』の中に、ファッション企業がすぐに取り組むべき課題が明確に記載されている。(第三部第2章より引用)

 

1)ビジネスのネット展開とデジタル化を急げ

2)自社流オムニチャネルの構築

3)パーソナル対応への取り組み

4)ビジネスのサービス化

5)新パラダイム―――個客セントリックの新ビジネス

 

このうち(1)と(2)はOTSが進めている『おせっかい物流』の一つ『オムニチャネル相談』にも関連している。

 

すでに私たち消費者は、かなりの割合の情報をスマホ等を使って得ていて、そこから消費行動にも繋がっている。

これまでのリアルなビジネスが突然無くなることはないけど、確実にネットへのシフトは進んでいる。

 

これは、企業が進めていることではなくて、消費者がそれを望んで自然と広がっている。

つまり、この流れは止められないということ。

 

顔の見える身近なお客様を大切にすることも重要だけど、ビジネスとして新たなお客様との出会いも大切なこと。

このデジタル化やネット展開、そしてオムニチャネル構築は、既存のお客様と新規のお客様双方にとって重要なこと。

 

それは、企業側よりもお客様が便利で使い勝手が良くメリットがあることだから。

しかも、販売効率や在庫効率など企業側にとっても多くのメリットになることでもある。

 

逆に、これまでのネットやオムニチャネルのない環境でビジネスを続けていると、どんなに良い商品やブランドがあってもお客様が離れていったり収益性が低下してくる可能性が高い。

 

それくらい、今の消費者のネットを活用する進化が早いということ。

 

 

このところ、多くのOTSのお客様からもネット展開やオムニチャネル構築の相談が増えている。

 

比較的、中堅から中小規模のファッション企業が多いが、規模が大きくない方がオムニチャネル化は進めやすいと思う。

それは、既存の店舗やシステム、そして人材などのビジネスを構成する要素もそれほど大きくないから。

 

現状の基幹システムやマスタの構成にもよるが、オムニチャネル化を進めていくには大幅なリニューアルが必要となる可能性がある。

 

その際に、既存の各インフラが大きな投資の上に影響範囲も大きく構成されていると、その大幅な変更には大変な技術と労力、そしてコストが求められるから。

 

できるだけコンパクトで使い勝手がいい柔軟なシステムが理想だけど、世の中にはあまりそういった仕組みが存在しないのも現実。

 

いろいろな意味で自社に合ったデジタル環境とオムニチャネル構築は、これからファッション企業が自分たちらしく続けていく上では不可欠なものになると思う。

 

OTSは各企業様に合ったオムニチャネル構築を支援していくことで、自分たちの未来も創造していきます(^^)/

The following two tabs change content below.
OTS マーケティング部

OTS マーケティング部

OTSにある7つの委員会のうちの一つ【広報委員会】 私たちは毎月発行の社外報『オープントークス』をはじめ、社内報や企業HP等オーティーエスを内外にアピールする活動を行っております。 オープントークスは、OTS内の6部門が毎月持ち回りで作成しており、皆様に楽しんでもらえる紙面を作るため日夜ネタ探しに奔走しております。 こちらのブログでは、オープントークス作成の秘話や編集後記をメインに、より社外報を楽しんでいただくための情報を発信していきます!

お気軽にお問い合わせください

物流・倉庫でお困りならお気軽にお問い合わせください。

03-5605-5515

平日 9:30~18:00

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

【相手の立場で考える】

OTS マーケティング部 OTS マーケティング部

記事を読む

【傲り慢心】

OTS マーケティング部 OTS マーケティング部

記事を読む

業務フローを作る目的や可視化されることでのメリットを解説

OTS マーケティング部 OTS マーケティング部

記事を読む

【モシモではなくイツモです!】

OTS マーケティング部 OTS マーケティング部

記事を読む

【360度フィードバック:その2】

OTS マーケティング部 OTS マーケティング部

記事を読む

  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
不動在庫(デッドストック)がもたらすデメリットと対処法

【在庫の重要性】 在庫は企業活動において非常に重要な要素です。そ

オムニチャネルとはどんな戦略?メリットを解説|成功事例も紹介

実店舗での販売はもちろんのこと、ECサイトへの出品や自社サイト

物流業とは|運送業・倉庫業との違いや今後の課題と対策を解説

物流業は商品やモノをエンドユーザーの手元に届ける重要な役割を果

【物流関係者必見】倉庫業法の違反事例や登録基準を解説

物流事業を支えるうえで欠かせないのが物流倉庫です。荷物を保管す

商流の意味や物流との違い|フロー図の作成方法をわかりやすく解説

モノを製造するメーカーや、商品を販売する小売事業者などにとって

PAGE
TOP