*

夢は終わらない

公開日: : 最終更新日:2017/01/19 ファッション物流, スタッフ紹介, 委員会活動, じぶんごと

アパレル物流に携わること早10数年。

オーティーエス以前には、

派遣スタッフとしてあちこちの倉庫で物流業を経験しました。

検品、ピッキング、値札発行、伝票発行・・・ときには夜勤もあったなぁ。

深夜の倉庫も活気があって、楽しく良い思い出です♪

 

振り返れば、とっても恥ずかしい話ですが

当時は“趣味の合間に仕事”といった感覚で、

日給欲しさに働いていました。

それが、まさか、この業界にこんなに長居(笑)するとは。

 

そんな私も、更に更に、若かりし頃は、

夢を追い、雑誌を作る出版編集業に身を置いていました。

インターネットも普及していない時代の田舎育ち(静岡出身)にとっては、

雑誌から得る情報は“あこがれ”そのもの。

BIS151026053940_TP_V[1]

しか~し。華やかな1ページの裏側にある工夫と苦労を

これでもか!というほど経験し・・・挫折(笑)

ほどなくしてアパレル物流に流れ着きました。

 

ところが、これも縁と言うのか・・・

オーティーエスで「広報委員会」に所属することに。

主にはOpen TalkS!」という月刊社外報の発行に携わってきました。

 

弊社の取り組みをお知らせするべく、社員自らが手作りしている広報紙です。

 

記事のテーマは、どれも業務に密着した身近な話題ですが

自分たちの思いを正しく・的確に伝えることには

毎月、本当に苦労しました。

 

そんな中で、ひとり秘かに・・・

「ウチの社会にも、いずれは“広報部”が出来たら良いなぁ」と。

単なる委員会としてではなく

“管理部”や“営業部”に並んで、“広報部”もあったらいいなぁ、と。

 

自社の広報活動だけではなく

担当させていただいているお客様の広報紙・企業誌も作ることができたら

お客様を、より深く知る機会にも繋がって

とても楽しいだろうなぁー。なんて思っています。

The following two tabs change content below.
山本 千尋

山本 千尋

静岡県出身・江戸川区在住。数社のアパレル倉庫を渡り歩き、オーティーエスにたどり着く。気付けば、すっかり古参OLお局様の域に。事務も現場もこなせるマルチプレイヤーを目指して未だ奮闘中。しかし仕事を離れると、お酒と、お酒に合う食べ物のことばかりを考えている自他ともに認める飲んべえ。趣味は旅行。安近短のひとり旅が得意。積極的に行動せざるをえない旅先で自分磨き!そこで鍛えたアクティブさが仕事にも活かされているとか、いないとか。
山本 千尋

最新記事 by 山本 千尋 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

お客様との接点を最大限に活かした事例のご紹介

福田 ちづる 福田 ちづる

記事を読む

ペーパーレスの時代を痛感

福田 ちづる 福田 ちづる

記事を読む

【物流営業マンの目標】

都筑一博 都筑一博

記事を読む

ファッション物流倉庫、見学出来ます!

福田 ちづる 福田 ちづる

記事を読む

スタッフブログに仲間入り

山本 千尋 山本 千尋

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
ファッションの流行とSDGsとの共存

ファッション業界において、「流行」は切っても切り離せないものですよね。

ジェンダーレス・ファッションと、めっちゃジェンダーなファッション

  「ジェンダーレス・ファッション」や「ジェンダーレス

そうだ、『えるぼし認定』を取得しよう

  「えるぼし認定」ってご存知ですか? 今回は私

そうだ、『健康企業宣言』をしよう

  オーティーエスでは、2018年に健康企業宣言をし、

灼熱の日本、デリケートな服飾品。倉庫の工夫

  近年、日本の夏が年々暑くなってきたと感じる方は多いと思

PAGE
TOP