*

物流コストを見える化する方法

公開日: : 最終更新日:2017/12/05 ファッション物流

こんにちは、物流改善アドバイザーの阿藤です。

 

最近、プライベートでライフプランニングを受けて、

人生設計や、将来の基軸を見通す機会がありました。

 

将来設計は、未来予想図で、

その未来を実現するために、○○をするとか

逆に、○○になると、その未来予想からどんどん変わっていく・・・

 

そんな気づきのある体験でした。

 

物流コストも、営業としては年間の試算シュミレーションは作成することはありますが

その会社のライフプランニングだったらどうなるだろうと・・・

考えてしまったりします笑

 

さて、本題です。

 

物流コストの見える化の施策のひとつとして、

 

『イレギュラー料金』を設定する方法があります。

 

イレギュラーとは、本来取り決めたルール外での依頼によって遂行する作業のことです。

 

例えば、出荷指示の締め時間が良くある例としてあります。

 

イレギュラー料金とは、通常以上のオペレーションを必要とするため割高になりますが、

どうしても必要な場合は、その費用があってでも、必要とされる場合があります。

※たとえば宅急便のお急ぎ便など、追加料金がそうだと思います。

 

実は別の効果もあります。

 

出荷指示時間外の件数がどれだけあるか?がわかることです。

 

月が締まって、物流の請求書を確認した際に、

イレギュラー料金の発生はどうなっているでしょうか?

 

そのイレギュラー料金は、責任者が容認している内容でしょうか?

 

場合によっては、担当者が特に意識をせずに、

もしくは、ルールを知らずに操作を行っている場合があります。

 

そんな状況が見えるようになってきます。

 

あえて高単価を設定して、コスト意識をもたせ、

あるべきルールに戻すといった事例もありました。

 

YUKI86_musimegane15141124_TP_V

The following two tabs change content below.
阿藤 貴彦

阿藤 貴彦

ファッション物流改善アドバイザー株式会社オーティーエス
1981年群馬県生まれ。新卒入社でOTSに入社し約10年勤務。 ジュエリー、インポートアパレル会社の業務を5年間担当、その後、現在のマーケティング部営業企画室へ。業務担当の経験を生かして、大手ジュエリーブランド、大手セレクトショップネット通販等の新規立ち上げの担当や新規物流の提案を担当、社内販促の担当も兼務。 物流技術管理士(社)日本ロジスティクスシステム協会認定
阿藤 貴彦

最新記事 by 阿藤 貴彦 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

勝手に本の紹介パート2 ~物流&ファッションについて~

小橋重信 小橋重信

記事を読む

【在庫がどんどん売れていく倉庫②】

田中優一郎 田中優一郎

記事を読む

資材、ショッパーなどの備品保管にお困りの企業様へ

福田 ちづる 福田 ちづる

記事を読む

越境ECの可能性

阿藤 貴彦 阿藤 貴彦

記事を読む

なぜ、700名のスタッフに研修をするのか?

阿藤 貴彦 阿藤 貴彦

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
人事が考えるOTS

管理部蘆田です。 寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

ファッション物流の入荷作業について

おはようございます。 OTSの福田です。 今年は、これまで

総務人事が考える2018年の目標

管理部蘆田です。 今年初めてのブログとなります。 少々遅い

ヘルメットの耐用年数は?

みなさん、明けましておめでとうございます。 管理部の岡野

【住民税の豆知識】

おはようございます。 年末年始は人事として一年で一番忙しい時期な

PAGE
TOP