*

パソコンクリーニングのススメ

公開日: : 最終更新日:2017/11/28 システム

こんにちは、システム企画室の千葉です。

早いもので今年も残すところあと約1か月となりました。

年末と言えば大そうじですが、おうちや職場のそうじはされると思いますが
普段ご使用されているパソコンはおそうじされていますか。

私は仕事柄、依頼を受けて調子の悪いパソコンを診る機会が多いのですが
意外にほこりなどの汚れが原因で不調になっているパソコンが多いのです。

そうじのやり方はすごく簡単。

パソコン本体側面のパネルをネジで外してみてください。
きっとビックリするくらいほこりが溜まっていると思います。

このホコリをエアダスターや電動ブロアー、掃除機、クリーナーブラシなどの
そうじグッズを使ってきれいにしてあげるだけです。000480_li

そうじをする際にいくつか注意点があります。

■冬は乾燥による静電気に注意

この季節、まずパソコンを掃除する際に注意して欲しいのが静電気です。

冬の湿度が低く乾燥した空気により、電気は逃げづらくなって身体に蓄積され、
電気を通しやすい金属に触ると一気に放電されます。

電気がたまった状態でパソコン内部の精密部品に触ると、電気によって深刻な
ダメージを与えてしまうことがあります。

掃除の前には、身体から放電をしておくことを心がけましょう。

また、清掃作業中は静電気が発生しやすいセーターなどのウエアを着用しないことや、
作業のしやすいゴム手袋を着用するのも効果的です。

■結露にも注意が必要

この時期、パソコンを掃除するために温かい場所から冷たい場所へパソコンを
移動する場合は温度差によって、結露が発生する可能性があります。

部品に水分が付いた状態で掃除機などをかけても、水分に埃などの汚れが付着して
しまい、掃除の効果が薄れます。

また、結露が発生した状態で通電すると、部品のショートなどで故障する可能性もあります。

■どこを掃除する?

掃除する箇所で一番大事なのは、パソコンの頭脳であるCPU周りです。

CPUは高温になって機能が落ちるのを防ぐためにファンが付いていますが、そこに埃など
がたまったり、詰まったりしてファンの機能が落ち、フリーズしたり電源が落ちたりとい
症状が出てしまいます。

最近パソコンの調子が悪いなと感じられたら、一度そうじされてみてはいかがでしょうか。

パソコンもきれいにして新年を迎えるのもいいと思いますよ。

 

The following two tabs change content below.
OTS_SYSTEM

OTS_SYSTEM

OTSのシステムを管理したり開発したりする部門。 社内システムとお客様のシステムを繋ぐ大切なお仕事をしております。 日々正常に、問題なく業務を進められるように身を粉にして働いております。 そんな我々が気付いた事や発見した事などを発信していきたいと思います。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

システムスタッフの紹介号ができあがりました♪

阿藤 貴彦 阿藤 貴彦

記事を読む

オーティーエス社内SEのブログ 正しいシステム改修の方向とは

中村 太一 中村 太一

記事を読む

オーティーエス社内SEのブログ 環境が違うのは当たり前

中村 太一 中村 太一

記事を読む

オーティーエス社内SEのブログ 倉庫作業GO

中村 太一 中村 太一

記事を読む

【システム導入のポイント】

田中優一郎 田中優一郎

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
物流倉庫における保管料の相場や計算方法を解説

メーカーや卸売企業、小売店舗を経営するうえで、自社が取り扱う製品の在庫

物流業界における市場規模の動向や今後はどうなる?現状の課題と共に解説

2020年以降、コロナ禍によって大幅な減収・減益となった企業も多く、さ

【EC通販に必須】緩衝材とは?種類や上手な選び方のポイントを解説

ネット通販で買い物をしたとき、必ずといっていいほど箱のなかには紙やプラ

【EC・D2C運営必須】商品の同梱物の効果やメリット・活用方法を解説

アパレルやファッション、ジュエリーなどの販売においては、従来のような実

在庫管理における適正在庫の計算方法や維持のポイントを解説

商品をより多くのユーザーの手元に届けるとともに、自社の利益を最大化する

PAGE
TOP