*

シングルピッキングのメリットとは|トータルピッキングとの違いも

公開日: : 最終更新日:2023/04/26 システム

物流現場における代表的な作業のひとつにピッキングがあります。一口にピッキングといっても、大きく分けるとシングルピッキングとトータルピッキングという2種類が存在し、それぞれ特徴が異なります。

本記事では、シングルピッキングとはどういった方法なのか、シングルピッキングのメリットやデメリット、どういった物流現場に適しているのかについても詳しく解説します。

シングルピッキングとは?

ピッキングとは物流業務のひとつであり、オーダー内容に合わせて商品を集める作業です。物流の現場では取り扱う商品が倉庫に保管されており、作業員が保管場所から商品を取り出してダンボール箱などに梱包し発送されます。ピッキングは物流業務のなかでも重要で欠かせない作業なのです。

一口にピッキングといっても、大きく分けると「シングルピッキング」と「トータルピッキング」があります。

今回紹介するシングルピッキングとは、オーダーごとに商品を一つずつ取り出して集める手法のことを指します。

なお、シングルピッキングは別名「摘み取り方式」や「オーダーピッキング」とよばれることもあります。

物流でお困りの方、
まずは相談!

シングルピッキングの特徴

シングルピッキングの特徴は上記でも紹介した通り、オーダー内容に合わせて1件ずつ商品を取り出すことから、ピックング作業の中でもシンプルでわかりやすい方法といえるでしょう。

物流現場での作業経験がない、または経験が浅いスタッフでも、在庫の場所とオーダー表を渡せばすぐに作業に取り掛かることができます。

また、オーダーごとに在庫保管場所へ出向き、対象の商品をピッキングした後に出荷エリアへ商品を渡して配送準備に入ります。そのため、たとえばオーダー表が100枚あった場合には、保管場所と出荷エリアを少なくとも100回往復しなければなりません。

シングルピッキングのメリット・デメリット

ピッキングのなかでもシンプルでわかりやすい手法ともいえるシングルピッキングですが、これを物流現場で採用する場合にはメリットもあればデメリットとして考えられることもあります。

それぞれのポイントを整理しながら解説しましょう。

シングルピッキングのメリット

シングルピッキングの主なメリットは以下の3点です。

出荷ミスを抑えられる

シングルピッキングはオーダー表ごとにピッキングを確実に行うため、出荷ミスを最小限に抑えられるメリットがあります。ほかのピッキングに比べると作業内容がシンプルで、誰にとってもわかりやすいことから、ミスが生じにくいのは大きなメリットであり強みともいえるでしょう。

出荷までの工程を簡略化できる

シングルピッキングが完了した段階で、パッケージのなかにはオーダー表通りの商品が入っています。そのため、ピッキングの後は検品や梱包といった工程に入りやすく、出荷までの工程を最小限に簡略化できることも大きなメリットといえるでしょう。

限られた人数でピッキング作業を効率化させるためには、シングルピッキングは有効な手段となります。

新人教育にかける時間と人手を抑えられる

物流現場では慢性的な人手不足に陥っており、人の入れ替わりが激しい企業も少なくありません。新人スタッフが入ってもマンツーマンで指導ができるとは限らず、新人教育に十分な時間と人手をかけられない現場も多いでしょう。

シングルピッキングは、上記でも紹介した通り、在庫が保管されている場所とオーダー表さえ渡してしまえば新人スタッフでも作業ができ、人手不足に悩む現場でも導入しやすいメリットがあります。

シングルピッキングのデメリット

上記とは対照的に、シングルピッキングの主なデメリットとして挙げられるのは以下の2点です。

作業員の移動距離が長い

シングルピッキングはオーダーごとに在庫保管場所と出荷スペースを往復しなければなりません。

取り扱う商品数が多く在庫保管場所が広大であったり、保管場所と出荷スペースが離れていたりする場合には、作業員はそのたびに長距離を往復しなければならず肉体的な負担が増大します。

作業員の人数や商品数によってはシングルピッキングが適さないことも

自社で取り扱う商品数が多かったり、オーダーの数があまりにも多い場合には、複数の作業員でなければ処理しきれないこともあります。在庫保管場所が狭いと、一度に複数の作業員が往復できずに作業が滞ることも想定されるでしょう。

物流でお困りの方、
まずは相談!

トータルピッキングとの違いは?

シングルピッキングに対して「トータルピッキング」という手法があることを冒頭で紹介しました。トータルピッキングとは、複数のオーダーに合わせて商品の種類ごとにまとめてピッキングをする手法のことを指します。

たとえば、以下のケースをもとにシングルピッキングとトータルピッキングを比較してみましょう

オーダーの例

顧客A:Tシャツ×3

顧客B:Tシャツ×1

顧客C:Tシャツ×2 靴下×2

シングルピッキングの場合

1往復目:顧客A(Tシャツ×3)のピッキング

2往復目:顧客B(Tシャツ×1)のピッキング

1往復目:顧客C(Tシャツ×2 靴下×2)のピッキング

トータルピッキングの場合

1往復目:Tシャツ×6のピッキング

2往復目:靴下×2のピッキング

上記はあくまでも分かりやすく簡略化した例ですが、オーダー数が増えるほどトータルピッキングで処理したほうが作業負荷が低減できるケースも少なくありません。

シングルピッキングに適した倉庫とは

シングルピッキングとトータルピッキングはそれぞれにメリット・デメリットがあり、一概にどちらが良いと断定できるものではありません。重要なのは、取り扱う商品の数や種類など、それぞれの物流現場の特性に合わせて選ぶことです。

では、シングルピッキングを採用したほうが良い物流倉庫としては、どういった特徴が挙げられるのでしょうか。

出荷件数が少ない

シングルピッキングではオーダーの件数が多いほど保管場所と出荷スペースを往復しなければなりません。極端な例でいえば、Tシャツ1枚のオーダーが100件あったとしても、シングルピッキングでは100往復をしなければならないのです。

そのため、オーダーの件数が少ない物流倉庫ほどシングルピッキングが適しているといえるでしょう。オーダーの数が少なければピッキングを担当する作業員の数も少なくて済み、倉庫内を往復するための動線確保が最小限に抑えられるためです。

小ロットの発注がメインで商品の種類が多い

もうひとつの特徴としては、オーダー1件あたりの商品数が少なく、なおかつ取り扱う商品数の種類が多い物流現場です。

たとえば、アパレル製品やファッション製品は、同じデザインの商品でも複数のサイズがあり、複数のカラーバリエーションに分かれています。

また、顧客の多くは個人客であり、一度に購入する商品の点数も限られているでしょう。

このような小ロット多品種のオーダーの場合、トータルピッキングのようにまとめて商品をピックアップするのは非効率的であり、ピッキング用のスペースも確保しなければなりません。

しかし、シングルピッキングであれば在庫の保管場所から直接商品を取り出すため、効率的なピッキング作業が可能となります。

物流でお困りの方、
まずは相談!

OTSはアパレル・ファッション・ジュエリーに特化したオリジナルの在庫管理システム(WMS)を提供

効率的なピッキング作業を実現し物流業務の生産性を向上させるためには、シングルピッキングとトータルピッキングそれぞれの長所を活かしながら業務プロセスを検討する必要があります。

しかし、必ずしもそれだけでは十分とはいえません。商品の種類や特性、物流現場に合わせた最適な在庫管理システムを活用することも重要なポイントといえるでしょう。

特にアパレルやファッション製品、ジュエリーといった製品は、カラーバリエーションやサイズに応じて商品の種類が多く、どこに何があるのかをシステム上で管理しておかなければなりません。

OTSは長年にわたってアパレル・ファッション・ジュエリーに特化した物流業務を受託してきた経験とノウハウを活かし、独自の在庫管理システム(WMS)を開発しました。

通販に参入したいものの、物流のノウハウがない企業や店舗様に対しても、在庫管理システムを活用しながらピッキング作業のアウトソーシングも承っています。

まとめ

今回紹介してきたように、シングルピッキングはシンプルな作業工程であることから出荷ミスを抑えられ、新人スタッフであってもすぐに作業に取り掛かれるといったメリットがあります。

出荷件数が比較的少なく、小ロット多品種の商品を扱う通販事業者にとっては最適な手法といえるでしょう。

The following two tabs change content below.
OTS PR

OTS PR

「物流からファッション企業を元気にしたいんです・・・」 それって、おせっかいだなと感じます。 でも、そのおせっかいをまじめに、本気で取り組んでいます。 ファッション企業だけに、創業から30年以上多くの企業の物流をサポートしてきました。そこで関わる中で、「もっとこんなことができればと思うんです」 皆様のお役に立つ情報を物流視点から発信いたします。

お気軽にお問い合わせください

物流・倉庫でお困りならお気軽にお問い合わせください。

03-5605-5515

平日 9:30~18:00

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

オーティーエス社内SEのブログ 正確な物流業務に必要なもの

OTS マーケティング部 OTS マーケティング部

記事を読む

現場が望むシステム

OTS マーケティング部 OTS マーケティング部

記事を読む

退職者の再雇用制度

OTS マーケティング部 OTS マーケティング部

記事を読む

オーティーエス社内SEのブログ Windows10は一大事?

OTS マーケティング部 OTS マーケティング部

記事を読む

オーティーエス社内SEのブログ THE ROCK

OTS マーケティング部 OTS マーケティング部

記事を読む

  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
【オーティーエス】2025卒会社説明会開催中

ファッション物流のオーティーエスでは、2025卒向けの会社説明会を開催

不動在庫(デッドストック)がもたらすデメリットと対処法

【在庫の重要性】 在庫は企業活動において非常に重要な要素です。そ

オムニチャネルとはどんな戦略?メリットを解説|成功事例も紹介

実店舗での販売はもちろんのこと、ECサイトへの出品や自社サイト

物流業とは|運送業・倉庫業との違いや今後の課題と対策を解説

物流業は商品やモノをエンドユーザーの手元に届ける重要な役割を果

【物流関係者必見】倉庫業法の違反事例や登録基準を解説

物流事業を支えるうえで欠かせないのが物流倉庫です。荷物を保管す

PAGE
TOP