*

当日の出荷ってどれくらいできるの?

公開日: : 最終更新日:2023/05/17 ファッション物流 , ,

ダウンロード

 

こんにちは!お客様担当の阿藤です。

 

今回もお客様からのよくある質問について

触れさせていただきます。

 

それは、

『1日の出荷ってどれくらい(何点)できるの?』

『いつまでの指示を対応してくれるの??』

という質問です。

 

すぐに、

『○○○点までできますよ!』とか

『何時までもがんばりますよ!』とか

回答できれば物流の構築は簡単なのですが

実はそんなことは現実できていません。

 

では、どのような視点で考えると

最終的に両社のルール設定ができるのか、

そのポイントをお伝えさせていただきます。

 

 

ポイント① 最終いつまでに運送会社への引渡しを行うか?

 

まず、基本的な考え方として、

店舗、納品取引先向けの納品や、ECのユーザー出荷については、

佐川急便やヤマト、百貨店納品代行へ荷物を引き渡すことで

納品先へのお届けを実現しています。

 

つまりは、引き渡す最終時間までに、

出荷の業務から梱包まで完了できるか?

その逆算から、

・いつまでに出荷指示をもらえばいいのか?

・どれだけの数量を出荷対応できるのか?

その検討が始まります。

 

では引渡し時間はいつなのか?

多くの運送キャリアは、18:00頃となっています。

 

昔は20時や22時まで待ってくれた・・・こともありましたが、、、

 

昨今のニュースでもある通り、

運送業界は厳しい状況を迎えておりますので

しっかりとしたルールでの運用を求められるようになってきました。

 

ポイント② 荷物の引渡しまでにどんな作業があって、どれくらい時間を所要するか?

 

ポイント①でお伝えしましたが、

運送会社へ引き渡すために、どれだけの作業があるのか?がポイントとなります。

 

例えば、百貨店などの専用値札の作成・取付があるとか、

システムがはいっていて、商品をピッキングする場所が明確で簡単なのか、

逆に、探す手間がかかって、出荷間違いがないか確認する作業が

2人1組で読み合わせでやるのか?

 

その内容によって、

出荷できる数量と、

対応できる出荷指示受領時間が異なってきます。

 

ポイント③ 営業時間内に終わる業務設計か?

 

物流の作業費用、つまり料金は、基本的に適正な単価で取決め、

運用することが基本です。(あたりまえですが)

 

では、その『適正』の要素の一つとして、

 

・基本営業時間内に作業が完了するか?

 

というポイントが重要になります。

 

物流コストの大きな原価のひとつは人件費です。

 

そこには、社員とパートと大きく分かれます。

 

簡単にいうと、

 

残業までかかるくらいの業務の場合、

その人件費を転嫁する必要がある

 

ということです。

 

仮に、いくらコストがかかってもいいから

要望に全て対応してほしい!

 

などのご要望なら別ですが、

お客様のほとんどは、『なるべくコストを抑えたい』ことが基本だと思います。

 

それでしたら、OTSも、

基本営業時間内に終わる業務設計を提案することで、

言い換えると、『適正なコスト』で運営するための方法をご提案、

もしくは一緒に模索することを実行しています。

 

もちろん、お客様の売上があっての物流なので

売上の展開のためなら、多少の無理は対応していますので

ご安心して、まずはご相談いただければと思います。

 

ファッションの物流も、

昔(バブルくらい??)は商品をつくればどんどん売れた時代と聞いていますが

当時は遅くまで物流も稼働して、たくさんの商品が流通していたと聞いています。

 

昨今は、『ジャスト イン タイム』、

必要な時に、必要なだけ、届けるということの変遷のひとつなんでしょうね。

The following two tabs change content below.
OTS マーケティング部

OTS マーケティング部

OTSにある7つの委員会のうちの一つ【広報委員会】 私たちは毎月発行の社外報『オープントークス』をはじめ、社内報や企業HP等オーティーエスを内外にアピールする活動を行っております。 オープントークスは、OTS内の6部門が毎月持ち回りで作成しており、皆様に楽しんでもらえる紙面を作るため日夜ネタ探しに奔走しております。 こちらのブログでは、オープントークス作成の秘話や編集後記をメインに、より社外報を楽しんでいただくための情報を発信していきます!

お気軽にお問い合わせください

物流・倉庫でお困りならお気軽にお問い合わせください。

03-5605-5515

平日 9:30~18:00

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

【ECシステム構築の落とし穴】

OTS マーケティング部 OTS マーケティング部

記事を読む

服飾品における「最後まで使う」の意味

OTS PR OTS PR

記事を読む

IFF 展示会にご来場いただきありがとうございました!

OTS マーケティング部 OTS マーケティング部

記事を読む

在庫管理における定期発注方式と定量発注方式の違いを解説

OTS PR OTS PR

記事を読む

世界における衣料品の現状

OTS PR OTS PR

記事を読む

  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
【オーティーエス】2025卒会社説明会開催中

ファッション物流のオーティーエスでは、2025卒向けの会社説明会を開催

不動在庫(デッドストック)がもたらすデメリットと対処法

【在庫の重要性】 在庫は企業活動において非常に重要な要素です。そ

オムニチャネルとはどんな戦略?メリットを解説|成功事例も紹介

実店舗での販売はもちろんのこと、ECサイトへの出品や自社サイト

物流業とは|運送業・倉庫業との違いや今後の課題と対策を解説

物流業は商品やモノをエンドユーザーの手元に届ける重要な役割を果

【物流関係者必見】倉庫業法の違反事例や登録基準を解説

物流事業を支えるうえで欠かせないのが物流倉庫です。荷物を保管す

PAGE
TOP