*

何のためのミーティング?

公開日: : 最終更新日:2017/04/24 委員会活動, じぶんごと

みなさん、おはようございます。

管理部の岡野です。

 

前回のブログでもお伝えしましたが、

この4月よりいよいよ社会人10年目を迎えます。

10年目だからと言って特に何かあるわけではありませんが、

節目の年をがんばっていきたいと思います!

 

さて今回のテーマは「何のためのミーティング?」ということで

ミーティングについて書いていきたいと思います。

 

みなさんも所属している部門で普通にミーティングをしているかと思います。

 

自分は委員会活動の事務局を務めていることもあって

部門内で行われる普通のミーティングに加えて委員会関係のミーティングにも

参加することが多いです。

 

主な委員会関係のミーティングはこういったものがあります。

 

◆委員長会議

(各委員会の委員長と事務局にて行うミーティング)

◆事務局ミーティング

(事務局のみで行うミーティング)

◆リーダーミーティング

(各委員会で部門リーダーが集まって行うミーティング) ・・・などなど

 

オーティーエスでは7つの委員会がありますので

『委員長会議』『事務局ミーティング』『全てのリーダーミーティング』に

参加しようとするとそれだけで10ものミーティングに参加することになります。

(実際は同じタイミングで複数の委員会が同時にミーティングをしているので

全てのリーダーミーティングに参加できたことはありませんが・・・)

 

元々は各委員会の活動を事務局としてしっかり把握するために参加をしていました。

しかし各委員会のリーダーミーティングに参加していくなかで

活動内容の把握だけでなく

 

「今回のミーティングの目的は何だろう?」

 

と感じるような場面もあり、ミーティングについて考えるようになりました。

 

改めてミーティングについて考えてみるとそこには色々な目的があると思います。

 

■業務などの進捗状況を共有する(情報共有)

■どういった課題があるのかを洗い出す(問題発見)

■課題などに対してアイデアを出す(ブレーンストーミング)

■課題などを解消する(問題解決)

 

当然ながら1つの目的のためだけにミーティングをすることもあれば

複数の目的が入り混じっている場合もあるかと思います。

 

参加者の認識が違っていればせっかくのミーティングも

時間だけが過ぎてしまい大変もったいないことだと思います。

 

参加者の認識が合い、適切な準備がされた状態で

ミーティングをすることで普通にする以上の効果が出るのではないでしょうか。

 

ミーティングの1時間は自分だけでなく

そこに参加する方それぞれの1時間でもあります。

 

良いミーティングをするためにぜひみなさんも

ミーティングに参加される際にはこういったことを考えられてはいかがでしょうか。

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

NKJ56_kaigisuruahiruchan_TP_V

The following two tabs change content below.
岡野潤一郎

岡野潤一郎

管理部 総務担当。これまでの職場では経理担当としてひたすら数字を追いかける日々を過ごしていたが、OTS入社後に経理→社会保険事務→給与計算と役割を変えて今は総務担当として主にプライバシーマーク運用に携わり文字を追いかける日々を送っている。また、委員会活動の事務局を務めるなど自称ユーティリティプレーヤー(?)これまでの業務により培った知識や経験を元に会社の縁の下の部分をお伝え出来たらと考えています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

【当たり前の日常が最も幸せなこと】

田中優一郎 田中優一郎

記事を読む

備えあれば・・・

山本 千尋 山本 千尋

記事を読む

総務人事が考えるファシリティマネジメント

蘆田英資 蘆田英資

記事を読む

体調不良時に役立つアイテム

福田 ちづる 福田 ちづる

記事を読む

[34カット目]歓迎、送迎。

小嶋 圭 小嶋 圭

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
物流倉庫における保管料の相場や計算方法を解説

メーカーや卸売企業、小売店舗を経営するうえで、自社が取り扱う製品の在庫

物流業界における市場規模の動向や今後はどうなる?現状の課題と共に解説

2020年以降、コロナ禍によって大幅な減収・減益となった企業も多く、さ

【EC通販に必須】緩衝材とは?種類や上手な選び方のポイントを解説

ネット通販で買い物をしたとき、必ずといっていいほど箱のなかには紙やプラ

【EC・D2C運営必須】商品の同梱物の効果やメリット・活用方法を解説

アパレルやファッション、ジュエリーなどの販売においては、従来のような実

在庫管理における適正在庫の計算方法や維持のポイントを解説

商品をより多くのユーザーの手元に届けるとともに、自社の利益を最大化する

PAGE
TOP