*

ファッション物流の過去・現在・未来・・・

こんにちは、物流業界のシュウゾーこと小橋です。

 

暖かくなってきましたが、この時期は花粉に悩まされています。

気がつくと机の上がティッシュの山になっています・・・泣

 

さて、先日 物流コンサルの知人からメールがあり、

「10年前の小橋さんを見つけた!」との書き出し・・・・

 

何かなと思って見たら10年前に「流通設計」という雑誌の

今後のファッション物流についての取材記事でした

 

20160307流通設計(10年前の小橋さん写真) (1)

 

「わ・わ・若い~ !!!」

 

その方は、「アパレル物流の10年を振り返る!」と原稿依頼があり、

それで10年前の雑誌を見ていて偶然自分を発見したのとのことでした。

 

それで、自分のところにメールがあり、意見を求められたので、

その記事を読みながら10年前と今を振り返ってみました。

 

「みなさんはどう思われます?」

 

10年前と今ではファッション業界と物流はどれだけ進化したのでしょうか?

 

10年前の2006年は、ライブドアのホリエモンが証券取引法違反で逮捕された年で、

その年の流行語は「イナバウアー」でした。

 

そう考えると遠いような近いような・・・

 

■RFIDのその後

 

10年前の記事ではRFIDについてコメントしていました。

 

ⅰ読み取り精度や運用面でまだ課題があり、物流費削減を期待されているが、実運用にはもう少し時間がかかる

ⅱ今後は、店舗での活用には棚卸以外でも、販売支援としてRFIDが活かせる

 

今ではセレクトショップを中心に実導入されており、

やはり物流費削減効果より、店舗支援にメリットが出ているとの声を聞くので、

まんざら間違っていなかったと・・・・

 

ただ、弊社の経験上 アイテムや運用によっては

かえって物流現場が混乱した失敗事例もあり、

 

もし検討されている企業があれば

是非、ご相談いただければと思います。

 

このあたりのメリットについては

コンサルティングファーム(カート・サーモン)の記事を参考に・・

http://www.kurtsalmon.com/ja-jp/Retail/vertical-insight/985/%E4%BB%8A%E3%81%99%E3%81%90%E3%81%ABRFID%E3%82%92%E5%B0%8E%E5%85%A5%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%B9%E3%81%8D%E7%90%86%E7%94%B1%E3%81%A8%E3%81%AF

 

さらに、こんな記事も・・・EC Orange 「小売×IT」の未来を考えるブログより

http://ec-cube.ec-orange.jp/blogs/?p=5118

 

 

■物流設備(マテハン)のその後

 

10年前と大きく変わったのが、

やはりEC市場の拡大やアマゾンの影響ではと思うのが・・・

 

商品ピッキングで棚が自動制御で動く・・・キバ・システムは話題になりました。

http://www.fashionsnap.com/the-posts/2014-12-04/amazon-kiba/

 

最近ではニトリが導入した事例では、

上層部に張り巡らせたレーンをロボットが

縦横無尽に商品の入ったコンテナをピックする設備を導入しました。

https://netshop.impress.co.jp/node/2748

 

さらには、商品のサイズにあわせてその場でダンボールを成型するオンデマンドダンボール製造機

http://ecnomikata.com/ecnews/backyard/8343/

 

マテハンではないですが、倉庫から無人で個人宅まで運ぶ「ドローン」は話題になり、

アマゾンを中心に実運用にむけて開発が進んでいます。

 

 

あとは、スマートグラスや音声を利用した

ウェアラブルデイバイスも個人的に気になっています。

https://www.youtube.com/watch?v=wa9mJL-ShBE

https://www.youtube.com/watch?v=rjtaMCGvwBE

 

・・・などなど 面白くないですが?

 

ただ、EC物流は一部の企業では導入・検討が始まっていますが、

ファッション物流はまだまだ人海戦術にたよった運用で、

この10年で進化のスピードは遅いと感じています。

 

■販売環境のその後

 

物流現場の進化の早さより、

ここに来て進化スピードがあがっていると感じるのが、販売環境ではと思います。

 

こちらもECやオムニチャネルの影響によって、新しいテクノロジーがどんどん生まれています。

 

iBeaconやデジタルサイネージなどの接客をサポートするものから、

SNSの活用やそこでのビックデータを活用したレコメンド機能や人口知能など・・・・

 

ファッションとテクノロジーの融合がここにきていっきに進んでいるように感じます。

http://o2o.abeja.asia/product/post-9035/

 

 

■最後に

 

あるセミナーで、「ファッション業界はこれまでテクノロジーが遅れていた」

とおっしゃっていました。

 

それは、この業界がそれなりうまくいっていたので、

今までのやり方で通用していたから変革する必要がなかった・・・・と

 

それがいよいよこの業界も厳しくなるので、

新しいことに挑戦しないと、今までのやり方が通用しない!

 

だから、それに気づいた人たちが、

この業界をよくしようとテクノロジーを!イノベーションを!・・・と

変化しはじめている・・・と

 

みなさんはどう思われますか?

 

自分もこの意見にはすごく共感です。

 

ファッション=感性でテクノロジーやロジックだけでは予測できない、

もしくは人間臭いとこがファッションの面白いとこだと思います。

 

ただ、お客様(消費者)の商品との接し方や、価値観は時代とともに変化しています。

 

それに応えるには、もっと自由な発想で乗り切る必要があると感じています。

 

今回もチョイ長めになってしまいました・・・・・最後まで読んでいただき ありがとうございます。

The following two tabs change content below.
OTS マーケティング部

OTS マーケティング部

OTSにある7つの委員会のうちの一つ【広報委員会】 私たちは毎月発行の社外報『オープントークス』をはじめ、社内報や企業HP等オーティーエスを内外にアピールする活動を行っております。 オープントークスは、OTS内の6部門が毎月持ち回りで作成しており、皆様に楽しんでもらえる紙面を作るため日夜ネタ探しに奔走しております。 こちらのブログでは、オープントークス作成の秘話や編集後記をメインに、より社外報を楽しんでいただくための情報を発信していきます!

お気軽にお問い合わせください

物流・倉庫でお困りならお気軽にお問い合わせください。

03-5605-5515

平日 9:30~18:00

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

OTSへの期待を十二分に発揮できるように活動をはじめました!

OTS マーケティング部 OTS マーケティング部

記事を読む

オーティーエス社内SEのブログ 職場に行かずに仕事ができる

OTS マーケティング部 OTS マーケティング部

記事を読む

アパレル会社の倒産理由NO1は・・・

OTS マーケティング部 OTS マーケティング部

記事を読む

オーティーエス社内SEのブログ 君子危うきに近寄らず

OTS マーケティング部 OTS マーケティング部

記事を読む

海外と日本をつなげるお手伝い

OTS マーケティング部 OTS マーケティング部

記事を読む

  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
【オーティーエス】2025卒会社説明会開催中

ファッション物流のオーティーエスでは、2025卒向けの会社説明会を開催

不動在庫(デッドストック)がもたらすデメリットと対処法

【在庫の重要性】 在庫は企業活動において非常に重要な要素です。そ

オムニチャネルとはどんな戦略?メリットを解説|成功事例も紹介

実店舗での販売はもちろんのこと、ECサイトへの出品や自社サイト

物流業とは|運送業・倉庫業との違いや今後の課題と対策を解説

物流業は商品やモノをエンドユーザーの手元に届ける重要な役割を果

【物流関係者必見】倉庫業法の違反事例や登録基準を解説

物流事業を支えるうえで欠かせないのが物流倉庫です。荷物を保管す

PAGE
TOP