*

ある物流現場にて

公開日: : 最終更新日:2017/11/21 ファッション物流

OZP_graindhibana1188_TP_V

 

こんにちは、業務企画室の阿藤です。

 

社内の改善を探しながら

ひとつひとつカタチにしています。

 

例えば今日はこんなことがありました。

 

『良かれと思って(ある作業を)ここまでこだわってやっているんだけど

 正直この作業の採算がとれてないんだよね』

 

・・・ちょっと突っ込みどころ満載の内容かもしれません。

 

(こだわっている割には、採算については無責任??)

 

少し整理させていただくと・・・

 

・お客様の求めている事の対価(正価)を頂くことが仕事

・お客様の求めている以上のことができると感動、満足につながる

・適正な利益を継続し、満足するサービスを継続することが商売

 

上記が基本原則だと思いますし、

その3つのバランスが重要だと思います。

 

また、もうひとつ、重要な要素として

お客様に向き合っているかだと思います。

 

例えば、

『こだわってやっている』⇒そのこだわりはお客様は喜ぶのか?

(ただのおせっかいでは?)

『良かれと思って』⇒単純に聞くのを怠っているのでは?

(それとも、日本人の美学でしょうか?)

⇒でも、美学で採算が取れなければ、その美学は自己満足で終わってしまいます。

(結果、継続できなければ、お客様に迷惑をかける、そこまで意識しているか?)

 

特に物流の人は、恥ずかしがり屋が多いので

対話や顔を合わせることなく、自分自身や周り、同僚の考えで完結する傾向が強いです。

 

さらに、採算の視点でいえば、『点』で考えるべきかどうかがあります。

例えば、その作業単体で採算が取れなくても、全体で適正な利益が創出できていればいいはずです。

 

いままで、満足に十分なサービスを提供しているにもかかわらず、

その単体作業の採算に注視して、料金や作業内容の交渉をしたとします。

 

あなたがその交渉を受けるお客様だったらどうでしょうか?

 

『なんで、いまさらそんなこと言ってくんの?』

『そこまで求めていなかったのに、何か頼む側が敵みたいじゃん・・・』

 

相手の立場も想像してみてください。

 

物流は、『後処理型業務』と言われています。

※発生した仕事の処理をなんとかすることが中心で、その仕事の発生のコントロールに比重が低い

 

その中で、特に人件費のコストコントロールに注視している現実にあります。

つまりは、コスト悪化の要因⇒お客様につながりがちで、

かえって、お客様に向き合うことをしなくなっていく・・・

 

物流現場にありがちな現象ですが

これが続くと未来がありませんね。

 

単純に、困っていることはしっかり伝えて

とことん対話すればいいですよね・・・

その分、要望に応え、感動してもらえるように注力する。

(ちなみに、交渉は戦争や勝ち負けではありません。 )

 

そんな現場づくりを目指しています。

The following two tabs change content below.
阿藤 貴彦

阿藤 貴彦

ファッション物流改善アドバイザー株式会社オーティーエス
1981年群馬県生まれ。新卒入社でOTSに入社し約10年勤務。 ジュエリー、インポートアパレル会社の業務を5年間担当、その後、現在のマーケティング部営業企画室へ。業務担当の経験を生かして、大手ジュエリーブランド、大手セレクトショップネット通販等の新規立ち上げの担当や新規物流の提案を担当、社内販促の担当も兼務。 物流技術管理士(社)日本ロジスティクスシステム協会認定
阿藤 貴彦

最新記事 by 阿藤 貴彦 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

「ファッション業界はお先真っ暗・・・」

小橋重信 小橋重信

記事を読む

次世代の物流倉庫とは?(物流業界にもイノベーションを!)

小橋重信 小橋重信

記事を読む

「物流会社は見た!」

小橋重信 小橋重信

記事を読む

センター応援

福田 ちづる 福田 ちづる

記事を読む

就活フォーラムに参加させて頂きました!

呉屋朱理 呉屋朱理

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
人事が考えるOTS

管理部蘆田です。 寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

ファッション物流の入荷作業について

おはようございます。 OTSの福田です。 今年は、これまで

総務人事が考える2018年の目標

管理部蘆田です。 今年初めてのブログとなります。 少々遅い

ヘルメットの耐用年数は?

みなさん、明けましておめでとうございます。 管理部の岡野

【住民税の豆知識】

おはようございます。 年末年始は人事として一年で一番忙しい時期な

PAGE
TOP