*

【年末調整】

公開日: : 最終更新日:2017/11/15 人事制度

月日の流れは早いものでもう11月です。

今年も残すところあと2か月を切りましたね。

朝晩の冷え込みも厳しくなってまいりましたので、体調を崩されませんようご自愛ください。

 

最近、私は年末調整の準備に追われています。

全従業員の書類を準備・処理するのは時間のかかることですが、改めてたくさんの方々に働いて頂いていることを実感し、感謝の気持ちでいっぱいになります。

 

人事担当一丸となって、無事に乗り越えたいと思います。

各センターの取り纏めを行う庶務の皆さんも大変ですが、今年もご協力よろしくお願い致します。

 

無題5

以前「年末調整って何ですか?」と若手社員から質問を受けたことがあります。

 

社会人になって初めて手続きされる方も多いでしょうし、分からなくても無理はないと思います。

かくゆう私も人事職に就く前は、「提出して下さい」と言われるから出していただけで内容に関してしっかり理解していませんでした。

 

では年末調整とは何なのか簡単に解説してみます。

給与明細をご覧頂くと『所得税』という項目があると思います。

 

月々の給与から暫定で所得税が計算され、給与天引きされたものを会社が代行して国税庁へ納付しています。

(支給額が少ないと所得税が控除されないこともあります。)

 

月々の所得税はあくまでも概算で支払っているので、1年間の収入が確定した後で正確な税金の過不足を調整する必要があります。これが「年末調整」です。

年末調整の際、扶養家族がいたり保険に入っていたり住宅ローンを組んでいると控除を受けられるので「給与所得者の扶養控除等(異動)申請書」や「給与所得者の保険料控除 兼 給与所得者の配偶者特別控除申請書」を一緒に提出して頂きます。

 

頂いた書類に基づき控除を加味して年末調整で計算された金額は、来年1月の給与で過不足を調整しますので確認してみて下さい。

(オーティーエスでは1月に還付・追加徴収を致しますが、タイミングは会社によって異なります。)

 

年末調整ってどんなものなのか、何となくお分かり頂けましたでしょうか?

今回は詳細を省略し大枠のみ解説してしまいましたが、少しでも読者の皆様の理解に繋がれば幸いです。

 

ご自身で翌年の確定申告をして頂く方法もありますが、その手間を省きたいと思われている方は上記書類を提出し、会社で年末調整を行ってもらいましょう。

タイトなスケジュールの中、添付資料を集めて書類を書いてと大変かと思いますが、正しい納税ができるよう(ご本人も損しないように!)きちんと提出致しましょう。

The following two tabs change content below.
石﨑

石﨑

東京出身、下町育ち。大学卒業後、国際宅配便の会社で通関を5年間経験。税関での常駐対応や修更正、輸入申告書類作成などでアパレルはじめ様々な貨物に触れました。現在は職種を変え、人事・経理の業務をさせて頂いております。賃金計算・入退社手続・現金管理・入金処理等の業務を担当しております。休日はスパに行ったり、美味しいものを食べたり・・・リラックスして過ごしています!
石﨑

最新記事 by 石﨑 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

研修を意味のあるものに!

金光 金光

記事を読む

就職したい!と思うHPサイト作り

福田 ちづる 福田 ちづる

記事を読む

人間の行動原理

金光 金光

記事を読む

【社内公募】

石﨑 石﨑

記事を読む

やる気に応える

山本 千尋 山本 千尋

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
【えるぼし認定を取得しました!】

師走を迎えなにかと気忙しい毎日ですが、ご無沙汰しております。 今

人事が考えるOTS

管理部蘆田です。 寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

ファッション物流の入荷作業について

おはようございます。 OTSの福田です。 今年は、これまで

総務人事が考える2018年の目標

管理部蘆田です。 今年初めてのブログとなります。 少々遅い

ヘルメットの耐用年数は?

みなさん、明けましておめでとうございます。 管理部の岡野

PAGE
TOP