*

【カイゼンとカイテン②】

公開日: : 最終更新日:2017/11/09 OTSのおせっかい, カイテン倉庫

おはようございます!

今週はようやく秋らしい清々しい晴天からスタートしましたね!

 

スポーツや食の秋ではありますが、楽しみ過ぎて怪我や食べ過ぎに注意してこの季節を楽しく過ごしていきましょう(^^)/

それでは今週も元気に楽しくいきましょう!(^^)!

 

 

【カイゼンとカイテン

 

前回に続いて、今期のスローガン『カイテン』について。

【カイゼンとカイテン】

 

『カイテン』は在庫回転、お店を開く開店等をもじってモノが売れていく倉庫という意味合いです。

在庫が回転していく=モノが売れていく倉庫としてカイテン倉庫の『カイテン』です。

 

30期の事業計画から発信し続けていますが、カイテン倉庫は徐々に実績が増えてきています。

 

現状では、フラッシュセールや在庫買取先への販売が主で、徐々に引き合いが増えてきています。

 

 

倉庫にあるモノは、通常保管している状態で、そこから卸先や直営などの店舗に出荷されて店頭に並ばないと売れる状態にはなりません。

 

つまり、これまで倉庫に在る商品は、その状態では売れる可能性がゼロでした。

しかし、ネット通販の物流が始まって、その可能性が一変しました。

 

ネット通販は在庫を倉庫に置いたまま商品が売れていきます。

在庫は一か所にあっても日本中、世界中にモノが売れる仕組みです。

 

通常、リアル店舗で商品を販売してくとしたら、その店舗の数分の在庫が大量に必要でした。

10店舗、100店舗、1000店舗とその店頭を埋めるためにもたくさんの商品が必要でした。

 

しかし、それだけの在庫を抱えていてもすべて店頭で売れていくことは稀で、多くの在庫を期末に残して苦しい状況になっていきます。

 

ネット通販の在庫は世界中のあらゆるネットショップにたった1点の在庫で出品できます。

その可能性は計り知れないものだと言えます。

 

OTSの提供する『カイテン倉庫』はその特徴を活かして、在庫販売の可能性を最大化していく仕組みです。

カイゼンとカイテン

 

実際にOTSでそのECモールの運営をすることは、かなりハードルの高い未知の世界だと思います。

世の中にはリアル店舗以上のスピードでネット店舗が増えている現状で、どのように商品が目に留まって売れていく仕組みを作れるか!

 

決して簡単ではありませんが、1つOTSのスタッフがその仕事に携わる優位性があると思います。

それは、その商品を実際に身近で触れ扱っているということです!!

 

その商品の品質表示やケアラベル、時には修理なども対応しているOTSならではの商品との距離感は、通常のネットショップでの商品の扱いとはレベルが違います。

 

また、実際に消費者としての目線も持った幅広い個性や年齢層の人たちも多くいて、コーディネートのプロとは違ったその商品の使い方や着こなし方をイメージできる。

モノ作りや販売のプロではないからこそ、より身近で現実的な発想での提案もできるのかも。

 

そんな感じで本業の物流業務と並行した商品の販売サービスができたら、何となくもっと楽しくなりそうな気がしませんか。

いろんなことにチャレンジしてもすぐに結果が出ないのは当たり前!

無駄だと思うことも、お客様が喜んでくれる可能性があるならトライする意味はあると思います。

 

OTSに今ある資源を最大限生かすこととして、『カイテン倉庫』を実現に向けて進めていきます!

 

AmazonやZOZOTOWNとは比べるまでもないけれど、ファッション好きのマニアックな人達に支持される独自の価値を見出していければと思います。

 『カイゼン』と『カイテン』

今期からこの2つの軸で進んでいきます(^^)/

The following two tabs change content below.
田中優一郎

田中優一郎

ファッション・ビジネス・サポーター 株式会社オーティーエス
大学卒業後アパレルメーカーにて3年半の営業職勤務を経て、現職OTSに入社。新規営業、情報システム、管理部門での約10年間を経て2006年より現職に就任。ファッション物流の視点から100社以上の物流現場とシステムを見てきた経験を活かし、単なる倉庫業ではなくお客様企業の物流サービスを担いながらビジネスの発展に貢献するために、ファッション・ビジネス・サポーターという事業ミッションを掲げ新たなサービスに挑戦し続けている。 趣味は、テニス・ゴルフ・スキーといった身体を動かす事。 身体を動かした後の冷たいビール、美味しい食事は格別です(*^ ^*)
田中優一郎

最新記事 by 田中優一郎 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

Calling 自分の天命・・・って?

小橋重信 小橋重信

記事を読む

【ファッションワールドの出展報告】

田中優一郎 田中優一郎

記事を読む

【モノを捨てない社会】

田中優一郎 田中優一郎

記事を読む

「本場Amazonを見てきて思うこと・・・」

小橋重信 小橋重信

記事を読む

【2016年『おせっかい物流』元年!】

田中優一郎 田中優一郎

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
ある物流現場にて

  こんにちは、業務企画室の阿藤です。

総務人事が考えるダイバーシティ

管理部蘆田です。何をするにしても良い季節となりました。 暑い、寒

【物流業界の使命】

おはようございます!   今朝は、一ケタの気温で

【年末調整】

月日の流れは早いものでもう11月です。 今年も残すところあと2か

ファッション業界のパートナーとして

おはようございます。   物流女子、

PAGE
TOP