*

人生ときめくほど片づけられない・・「捨てない」を選択

おはようございます。
先日、社長の田中が挙げたブログ記事の
「ファッション企業様の在庫消化について考えていること」
http://www.e-ots.jp/blog/archives/237
 
を読んで、少し考えてみました。
 
どっちが良いか?悪いかではなく、
モノを片づけるために、断捨離という意識を持ってこれまで着てた
愛着のある洋服でも、ここ数年で全く着なくなった洋服だったら
「捨てる」という選択も一つの手段だと思います。

そもそも断捨離という言葉
基本的にはヨーガの行法、「断行(だんぎょう)」、「捨行(しゃぎょう)」、
「離行(りぎょう)」という考え方を応用して、人生や日常生活に不要なモノを断つ、
また捨てることで、モノへの執着から解放され、身軽で快適な人生を手に入れようと
いう考え方、生き方、処世術である。単なる「片づけ」や「整理整頓」とは一線を引くという。

断=入ってくる要らない物を断つ
捨=家にずっとある要らない物を捨てる
離=物への執着から離れる
抜粋:ウィキペディア

ヨガ
 
それでも、愛着があるからこそ捨てられず
季節が変わると、新しい洋服が出て心惹かれ買ってしまい
収納する場所が無く、「あぁあ~、また買ってしまった・・」と
嘆き、どこに収納しよう・・・と迷った挙句に
「そうだ!収納するモノを買おう!!」と更に部屋が狭くなる
という悪循環に陥るという・・・。
 
そこでいくと、先日もご紹介させて頂いた「スタレピ」さんの
社会貢献してるなぁと思うところが、着なくなった洋服を
買い取って頂けたり、寄付できるところなんです。
やっぱり、せっかく買った洋服を捨てる!という事が
なかなか私にはハードルが高くって・・出来ずに・・。
 
スタレピさんだと、自分の持っている洋服を組み合わせて
コーディネートしてくれて、スタイリストさんからのちょい足しで
「これがあると、もっと良くなるよ!」ってアドバイスも頂けて、
気に入ったら、(いずれ)買う事が出来るようになって
不要になってしまったら、その洋服を買い取って貰える。
寄付できる。って事が、気持ち的に楽になる気がします。
 
前回のブログ記事
http://www.e-ots.jp/blog/archives/564
 
新たな登録が可能となっている「エアークローゼット」は
そもそもレンタル的な感じなので、着なくなったり飽きてしまったら
送り返せば、また違う洋服を送って貰えるので、特に収納に困ってしまう
という状況にもならないし、気に入った洋服を試してから買える!
というところも利点ですよね。

 

要は、洋服好きな私が思ったことは、断捨離って必要だとは思うけれど、

絶つという部分でいくと、

新作の洋服が出ると、やはり流行のものは1点でも買って、

手持ちの服との着回しを楽しみたいな♪って思うし、

捨てるという部分だと、

ただ捨てるのでは心苦しかったりするけど、その洋服が次に活かせる方法で

自分の手からは捨てる!という手段であれば、循環させているだけと思える。

離れるという部分だと、

あの日あの時着た洋服との記憶などもあるけれど、敢えて執着せずに、

その洋服で、また別の誰かが幸せな気分になれるのなら

手放すの有りなんじゃない!?って個人的な感想です。

 

既に巷の店舗では、春物の洋服が色とりどりに並び始めています。

これまでの洋服に固執せず、新しい自分発見の第一歩として

新しい服で出かけてみては、いかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
福田 ちづる

福田 ちづる

OTSマネージャー株式会社オーティーエス
所属は、マーケティング部営業企画室で営業4名のアシスタントを担当しています。 主な業務は、新規のお客様獲得のための提案資料作成や導入時の業務サポート、それから既存のお客様の請求実績を視える化する資料作成、スペースマップの作成などを得意としております。 前職(カード会社勤務)で培った「羅列された数値を覚える!」という能力が、オーティーエスに入って商品に付番されている品番を確認する際にかなり役立てる事が出来てて嬉しく思っています(*^^*)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

経済産業省の勧告「アパレル業界の不合理な商慣習」について

小橋重信 小橋重信

記事を読む

【物流の視える化】

田中優一郎 田中優一郎

記事を読む

静脈物流

小橋重信 小橋重信

記事を読む

ターゲットを見つめなおすことって、とても重要

阿藤 貴彦 阿藤 貴彦

記事を読む

システムについての誤解(基幹システムと物流システム)

小橋重信 小橋重信

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
皮革品の修理を対応できるように進行しています!

  こんにちは!マーケティング部の阿藤です!

健康経営と新型コロナウィルスへの対応

  新型コロナウィルスの騒ぎが始まって3ヶ月近

【えるぼし認定「3」取得!!】

年が明けてあっという間に半月が過ぎました。 昨年もブログをご覧頂きま

学生と社会人のある1日の時間割 ~時間の掛け方の違い~

やっと涼しくなってきた!と思ったらまた暑くなったり・・・体調管理が難し

【健康優良企業(銀の認定)を取得しました!】

今年の梅雨明けはいつ頃になるのでしょうか?気持ちの良い青空が恋しくなっ

PAGE
TOP