*

物流の復讐 パートⅡ

blog0219

 

こんにちは、物流案内人の小橋です。

 

この記事がUPされるころには、

日本を飛び出してタイにいるころではと思います。

 

タイでは、リサイクルの会社と協業し、

日本で滞留している在庫品を海外で販売する事はできないか?

 

物流会社として在庫を保管するだけでなく、

消化のお手伝いできないか?

 

そのあたりを直接現地に行って調査してくるので、

何か発見があればブログでお伝えしますね。

 

さて、今回のテーマは・・・

前回の「物流の復讐」についての続編です。

 

「ラストワンマイル」って言葉を聴いた事がありますか?

 

もともとは通信サービスにおける

ユーザーとの最終接続を意味したことばでしたが、

 

物流業界でも最終エンドユーザーにどのように届けるか? を意味しており、

 

さらに、ネット通販においては、配送費無料や当日配送など

付加価値サービスとして各社が凌ぎを削っています。

 

「ロストワンマイル」の恐怖

 

今回日経ビジネスでは、アマゾンの出現で

そのラストワンマイル=すなわち顧客との接点が失う

「ロストワンマイル」について触れていました。

 

たしかに、商品の同質化や、差別化が難しくなると、

価格以外では、消費者により近く・・・いわゆる、

 

「欲しい物が、欲しい時に、欲しい場所で手に入る」

 

そこを制したものだけが勝者となり、それ以外は

ロストワンマイル=敗者となる。怖いですね。

 

ITにより距離の概念がなくなる

 

昔は、商圏などと言われて距離が影響していて、

エリア戦略をしていればよかったのですが、

 

ITにより、距離の概念がほぼなくなっているので、

商品の価値以外に、物流=どうお客様に届けるか?も重要になっています。

 

ダークストアー(闇の店舗)???

 

「物流の復讐」とか、「ダークストアー」とか、

ヨーダーやダースベイダーが現れそうですよね・・・

 

これも日経ビジネスの受け売りですが、

 

ネットスーパーはこれまで、

店舗の棚から収集して宅配する「店舗型」と

物流拠点から広範囲に宅配する「センター型」の

二つでしたが、それを融合したのが

ダークストアーです。

 

詳細は本誌を読んでもらえればと思いますが、

そこで気になったのが、

 

「客の来店を前提としない・・・」

「顧客に商品を供給できれば、ネットもスーパーも同じ」

 

とのコンセプトでした。

 

先日も丸井WEBの話を聞きましたが、

ネット通販で成功している企業に共通していること

 

それは、

ネットとか店舗とかの従来の枠組みを超えた

柔軟な発想・・・

 

そして、

その時に物流=ラストワンマイルは、

非常に重要となっているように感じます。

 

物流マンとしては、

この激流のような、商流だけでなく

物流の変化の時代に関われたことにやりがいを

感じています。

 

みなさんは、どう思われますか?

ご意見などお聞かせいただければと存じます。

The following two tabs change content below.
小橋重信

小橋重信

物流案内人株式会社オーティーエス
アパレル企業に10年勤務し、商品の企画・発注から店舗運営などに関わってきました。その後は、IT関連の会社で提案営業として企業のネットワーク及び、サーバー構築を行ってきました。OTSでは、ジュエリー物流の責任者として業務にかかわり、現在はマーケティング部の責任者として、お客様の物流改善のアドバイスからEC物流、品質管理サービスなど、OTSの付加価値サービスの企画・提案を行っております。 趣味:テニス マラソン ゴルフ・・・子育て奮闘中!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

「これからの物流を考えてみよう!」(後編)

小橋重信 小橋重信

記事を読む

物流ってすごいかも・・・って感じた瞬間 ベスト5

小橋重信 小橋重信

記事を読む

【小さくても豊かになれる仕組み】

田中優一郎 田中優一郎

記事を読む

ファッションの流行とSDGsとの共存

OTS PR OTS PR

記事を読む

ファッション物流アパレルに必要な設備揃ってます

福田 ちづる 福田 ちづる

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
ファッションの流行とSDGsとの共存

ファッション業界において、「流行」は切っても切り離せないものですよね。

ジェンダーレス・ファッションと、めっちゃジェンダーなファッション

  「ジェンダーレス・ファッション」や「ジェンダーレス

そうだ、『えるぼし認定』を取得しよう

  「えるぼし認定」ってご存知ですか? 今回は私

そうだ、『健康企業宣言』をしよう

  オーティーエスでは、2018年に健康企業宣言をし、

灼熱の日本、デリケートな服飾品。倉庫の工夫

  近年、日本の夏が年々暑くなってきたと感じる方は多いと思

PAGE
TOP