*

物流が軽視される理由・・・

ダウンロード

 

こんにちは 物流案内人の小橋です。

 

外苑前の銀杏並木を車で通りましたが、

銀杏の葉が黄色にすこし色づいていました。

 

この景色をみると、古い話ですが、

明石家さんまと大竹しのぶの

「男女7人物語」のエンディングを思い出します。

 

岡山の田舎から出てきて、この景色を見た時に

「これTVで見た!」とひとりで感動していました(笑)

 

さて、80年代の話はさておき、

今回のテーマは、

「物流が軽視される理由」についてです。

 

このブログでも、

物流の大切さ・凄さをお伝えしてきました。

 

でも、当時 アパレル会社にいた時は、

物流には何の興味もなく、むしろ卑下していました。

 

営業の最前線で働いている時の関心は

店頭や市場での売上や売れ筋情報、

いわゆる

マーケティングやMD(マーチャンダイジング)

 

当時 アパレル会社で物流部門への

異動は、屈辱的な事として考えていました。

(・・あくまで 個人的な見解です)

 

また、

時代背景もあったと思います。

 

大量消費の大量生産!

作れば売れた時代を引きずっていましたから・・・

 

倉庫には山のように商品があり、

売上をとるためには、どれだけ店頭に摘みこめるか?

 

営業力=売り場を広げる、商品を多く投入できる

そんな感じだったと思います。

 

社内では、売り場と、商品と、販売力、

とにかく 売上だけを見て議論していました。

 

なので、

物流と言うよりは、倉庫ですね。

大量に商品を保管し、デリバリーするだけの機能

単なるコスト部門にはあまり関心がなく。

物流費を気にしているのは、経理部門だけでした。

 

ここにきてではないでしょうか。

在庫回転率やプロパー消化率をKPIとして

重要視する企業が増えてきたのは・・・。

 

そして、物流費を下げるには、

物流会社や倉庫会社を叩くだけでなく、

自分たちの物量含め、生産背景から流通過程の

見直しだと考えている企業も出てきました。

 

当時 物流会社もそれに甘んじていました。

とにかく言われたことだけやっていれば

それでよかった

 

でも、最近では、物流改善は当然のこと

物流からの提案を希望される会社が増えてきました。

 

さらには、ECの拡大とあわせて、

事業戦略に物流を絡めて、

エンドユーザー向けのサービスを

考えている企業もあります。

 

さて、そろそろ終わりなので・・・

 

まとめると、

物流が軽視されてきた背景をお伝えしました。

そして 物流の大切さを理解して、

事業戦略として物流を見直している会社もでてきました。

 

皆さんの会社はどうでしょうか?

ご意見などあれば、ご連絡頂ければと存じます。

 

The following two tabs change content below.
小橋重信

小橋重信

物流案内人株式会社オーティーエス
アパレル企業に10年勤務し、商品の企画・発注から店舗運営などに関わってきました。その後は、IT関連の会社で提案営業として企業のネットワーク及び、サーバー構築を行ってきました。OTSでは、ジュエリー物流の責任者として業務にかかわり、現在はマーケティング部の責任者として、お客様の物流改善のアドバイスからEC物流、品質管理サービスなど、OTSの付加価値サービスの企画・提案を行っております。 趣味:テニス マラソン ゴルフ・・・子育て奮闘中!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

性悪説と性善説

阿藤 貴彦 阿藤 貴彦

記事を読む

ストック販売の1つの方法:フラッシュセール

福田 ちづる 福田 ちづる

記事を読む

営業のとっての最も強い○○

阿藤 貴彦 阿藤 貴彦

記事を読む

ファッション物流アパレルに必要な設備揃ってます

福田 ちづる 福田 ちづる

記事を読む

「物流KPI・・・経営のまずさが見える」Part 1

小橋重信 小橋重信

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
【えるぼし認定を取得しました!】

師走を迎えなにかと気忙しい毎日ですが、ご無沙汰しております。 今

人事が考えるOTS

管理部蘆田です。 寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

ファッション物流の入荷作業について

おはようございます。 OTSの福田です。 今年は、これまで

総務人事が考える2018年の目標

管理部蘆田です。 今年初めてのブログとなります。 少々遅い

ヘルメットの耐用年数は?

みなさん、明けましておめでとうございます。 管理部の岡野

PAGE
TOP