*

ECで何がしたい?

公開日: : ネット通販 ,

201308300220001view

 

おはようございます。 物流案内人の小橋です。

 

先日 OTS幹部で軽井沢合宿に行きました。

二日間缶詰で、今後のOTSの未来について

話し合いました。

 

この手の幹部合宿は4年目ですが、

会を重ねる毎に、中身の濃い内容となり

白熱しました。

 

働いているスタッフの事を思い、

そして、お客様に何ができるのか?

根底には、この会社の事が好き・・・

そんな事を感じた二日間でした。

 

さて、今回のテーマは・・・

 

「ECで何がしたいの?」

 

今、アパレル会社の自社ECの

立上げをお手伝いしています。

 

 

自分が尊敬する2名の方と

コンセプト出しから、集客、サイト運営

そして、バックヤード構築までを

コンサルしています。

 

そこでは、

 

「何のためにECをやりたい?」

「ECで何を実現したいの?」

 

を何度となく質問します。

 

 

・店舗の売上げを補うため?

・在庫消化の場所として?

・他社がやっているからなんとなく?

・・・・皆さんはどうですか?

 

 

ある経営者の方とお話をすると

「自分達は店舗での接客を大切にしていて、

ECみたいな血の通わないサービスはやらない」

 

 

確かに、

ECは値段と機能だけを見比べるには便利で、

とても、無機質で機械的な印象があります。

 

 

でも、

お客様の目線で考えたらどうでしょうか?

そのブランドが好きだけど、

お店が近くになくて買いに行けない人

子育てに忙しくて、時間が取れない人

 

 

そのブランドの事をもっと買いたい、知りたいと

思っている人にお店での接点しかないのは・・・

お客様を大切にしている事になるのでしょうか?

 

 

店舗での接客はお店の中だけですが、

ECを使うと、買う前から買った後まで

ずっとそのお客様の事を考えている・・・ことに

なるのではないでしょうか。

 

 

ECを使うことで、その方が何に興味があって

過去にどんな商品を買って、今求めているものを

ジャストなタイミングでお勧めすることができる。

 

 

オムニチャネルが、たんなる複数の販売チャネルとの

接点ではなく、感動体験の演出につながっているのは

その事を意味しているのではないでしょうか。

 

 

そして、

そのブランドへの思いやこだわりを伝えることも、

お客様の事を考えると大切なのではと感じます。

 

「伝わらなければ、存在しないのと同じ!」

 

これについては、また別の機会にでもお話しますが、

 

「人知れず、知る人ぞ知る」って・・・

本当に限られた人にだけサービスを提供する

ビジネスであればいいのですが、

 

ファッションビジネスは、

そのブランドの価値に共感するファンを広げていく

ことが大切で、情報発信はとても重要になります。

 

ECは単なるインターネットを使った販売チャンネル

ではなく、お客様とブランドとの大切な接点です。

 

 

ひとことでまとめると、

 

お客様を大切に思うのであれば、EC(IT)の

重要性を理解して上で、自分たちなりの発信をする

 

必要があると思います。

 

 

経営陣がEC(IT)を分からないことを理由に

ECの担当者だけに丸投げになっていませんか?

The following two tabs change content below.
小橋重信

小橋重信

物流案内人株式会社オーティーエス
アパレル企業に10年勤務し、商品の企画・発注から店舗運営などに関わってきました。その後は、IT関連の会社で提案営業として企業のネットワーク及び、サーバー構築を行ってきました。OTSでは、ジュエリー物流の責任者として業務にかかわり、現在はマーケティング部の責任者として、お客様の物流改善のアドバイスからEC物流、品質管理サービスなど、OTSの付加価値サービスの企画・提案を行っております。 趣味:テニス マラソン ゴルフ・・・子育て奮闘中!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

ファッションECを物流視点で考える (前編)

小橋重信 小橋重信

記事を読む

エンドユーザーに商品をおとどけするために:上

阿藤 貴彦 阿藤 貴彦

記事を読む

今年も新砂センターのセール応援に行ってきました!

田中優一郎 田中優一郎

記事を読む

自分たちのブランドにあった撮影とは?

阿藤 貴彦 阿藤 貴彦

記事を読む

リアル体験 欲しいものが手に入らない・・・・

小橋重信 小橋重信

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
学生と社会人のある1日の時間割 ~時間の掛け方の違い~

やっと涼しくなってきた!と思ったらまた暑くなったり・・・体調管理が難し

【健康優良企業(銀の認定)を取得しました!】

今年の梅雨明けはいつ頃になるのでしょうか?気持ちの良い青空が恋しくなっ

ファッション物流オーティーエス_営業事務募集中!!

こんにちわ。 梅雨の時期は、どんよりとした空模様でお出かけなども

退職者の再雇用制度

最近、「退職者の再雇用制度」が注目をされているようです。 広く名前を

【就活応援企画】就活の基本 就職活動での身だしなみ

ゴールデンウィークはゆっくり休めましたか? 気持ちを新たに引き続

PAGE
TOP