*

QCサービスの可能性

公開日: : 最終更新日:2015/06/02 おまかせ品質管理, センター見学, 品質管理修理

おはようございます。

今月からQCサービスの強化・充実を図るべく、

湾岸センターにQCサービスのメインオフィスを作っていきます。

 売ったあとまで

体制面でも他センター所属の品質管理担当者を湾岸センター所属に集約し、

これまで以上に幅広い顧客の対応と修理などの機能の充実、

そして人材教育を行っていきます。

 

更に、外部のパートナーとして、これまでの修理外注会社に加えて、

アトリエ道(みち)さんというアフター系の修理に非常に高いクオリティを持つ会社と

取り組みを強めていきます。

 

 

これまでは、新規入荷時のクオリティチェックから必要に応じて修理し良品化を

図っていましたが、その機能に加えて顧客が購入した後の修理、

いわゆるアフター修理サービスを強化していきます。

 

アフター修理と言えば、ジュエリー事業の商品部では10年来にわたりサービスを

提供してきましたが、それ以外のアイテムでは一部のバッグやウェアでの対応しか

できていませんでした。

 

いろいろな意味で、入荷時不良の修理と顧客修理は難易度が違いますが、

もっとも大きな違いは企業の在庫か個人の所有物かの違いです。

 

つまり所有権が法人か個人かの違いということ。

 

 特に高額品やブランド品の中には大切な人から贈られたこともあって、

単に使えるようになればいい訳でもない場合がある。

 

そういった思い入れのある大切なモノを扱う可能性も出てくるので、

取扱いには細心の注意が必要になる。

 

同時に、その分取扱いの管理の手間や難易度も上がるので、

修理管理に対する費用の掛け方も大きく違ってくる。

 

そういった責任を背負って対応するサービスなので、

当然ながらしっかりと直せる修理技術や間違いが起きない管理方法も重要ですが、

それにも増して大切なのが真心のこもった対応なのだと思います。

 

これから、取り扱う数量が増えてくればくるほど、

扱い方が画一的で効率重視になってくると思われます。

 

しかし、本当にそのサービスが求められ続けるためには、

大切な品物をお預かりするという姿勢があるかどうかだと感じます。

 

日本の社会では、安く大量にモノを捌く時代が過ぎていこうとしています。

OTSのお客様の商品も、こだわりの良い商品を大切に扱うお客様が増えています。

 

その中で、自分たちのサービスが求められ続けるには何が必要なのか。

 

OTSの提供するサービスが、お客様のブランド価値、企業価値の向上に

どうしたら役立てるのか、これからも考え続け挑戦し続けていきます!!

The following two tabs change content below.
田中優一郎

田中優一郎

ファッション・ビジネス・サポーター 株式会社オーティーエス
大学卒業後アパレルメーカーにて3年半の営業職勤務を経て、現職OTSに入社。新規営業、情報システム、管理部門での約10年間を経て2006年より現職に就任。ファッション物流の視点から100社以上の物流現場とシステムを見てきた経験を活かし、単なる倉庫業ではなくお客様企業の物流サービスを担いながらビジネスの発展に貢献するために、ファッション・ビジネス・サポーターという事業ミッションを掲げ新たなサービスに挑戦し続けている。 趣味は、テニス・ゴルフ・スキーといった身体を動かす事。 身体を動かした後の冷たいビール、美味しい食事は格別です(*^ ^*)
田中優一郎

最新記事 by 田中優一郎 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

品質管理チームの取組み

福田 ちづる 福田 ちづる

記事を読む

いまさら聞けない??百貨店納品するための5つの方法

阿藤 貴彦 阿藤 貴彦

記事を読む

【社内研修レポート】新JIS勉強会も全て実施完了しました!

阿藤 貴彦 阿藤 貴彦

記事を読む

新取扱い表示記号について

福田 ちづる 福田 ちづる

記事を読む

海外ブランドを百貨店やセレクトショップに納めるお役立ち知識

阿藤 貴彦 阿藤 貴彦

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
季節感

春うらら♪と、うっとりしていたのも束の間 アパレル業界は早くも秋

現場が望むシステム

  ピカピカの新入社員を見るたびに新年度が始まったんだ

何のためのミーティング?

みなさん、おはようございます。 管理部の岡野です。 &nb

会社説明会に参加して…

おはようございます。    

【現場を知らない怖さ】

おはようございます! すっかり春の陽気も進んで、日差しが肌にジリ

PAGE
TOP