*

総務人事が考える「カネ」

公開日: : 最終更新日:2023/05/17 じぶんごと, 経理

YUUKI150321490I9A4375_TP_V1

管理部蘆田です。

 

私にとって席が近いようで遠い部署。

経理です。

OTSの経理は経営資源としての「カネ」を扱う部署です。

 

100以上の数を見ると眩暈がする私です。

数字に強い人たちを見ると本当に尊敬します。

 

急になんでそんな話を始めたかと言いますと9月決算のOTSではここ最近そこかしこで数字(カネ)の話が飛び交っていました。

 

私もしたり顔で頷いて理解した気になっていますが、本当にカネを通じた会社の状況を正確に把握できているのか心配なところがあります。

 

そんな中、先日ある社員から打合せの際、「この打合せの人件費は○○○円」旨の話がありました。

結構人件費かかっているなという感想と同時に焦りが・・・。

 

「数字から逃げてばかりの人生で果たしてよいのだろうか??」

そして齢36にしてやっと気づきました。

「逃げちゃダメ!」

 

というわけでやっと今回のタイトルに着地します。

 

 

この財務周りの知識って一ビジネスマンとしては当然持っておくべきものだと思います。

なぜなら会社の状況をあらかた知ることができるからです。

 

知ることができれば「この会社と取引して大丈夫かな・・・」「こういう施策を打つのが良いのでは・・・」など主体的に会社と対峙していける余地が大きくなります。

そして部署単位、個人単位で行うべきことが見えてくるのだと思います。

 

あと上位職に行けばいくほど実務において必要になるものなので出世には必須知識なのかとも思います。

 

上位職でも、「カネ」を扱う部署でもない私がこれらの知識を持つ意味というのはコスパを考える癖付けができることではないでしょうか。

 

コスパを考えるって行為は判断基準を作ることだと思っています。

例えば・・・

・自分の時間当たりの単価が●●●円で会社の粗利率が■%だから▲▲▲円の研修に行った場合、★★★円の付加価値を身につけなければならない

・残業すると残業代が●●●円発生するけど、残業の成果物にそれ以上の価値が想定されないから定時であがる

 

会社として絶対に必要な情報だったり、期限が明日の案件だったり、必ずしも「カネ」

というモノサシだけで判断できるものではないのかも知れませんが、一つの大きな判断基

準になりうると考えています。

 

読書の秋。

財務経理の本でも読んでこの秋はインテリチックに過ごそうかと思います。

The following two tabs change content below.
OTS マーケティング部

OTS マーケティング部

OTSにある7つの委員会のうちの一つ【広報委員会】 私たちは毎月発行の社外報『オープントークス』をはじめ、社内報や企業HP等オーティーエスを内外にアピールする活動を行っております。 オープントークスは、OTS内の6部門が毎月持ち回りで作成しており、皆様に楽しんでもらえる紙面を作るため日夜ネタ探しに奔走しております。 こちらのブログでは、オープントークス作成の秘話や編集後記をメインに、より社外報を楽しんでいただくための情報を発信していきます!

お気軽にお問い合わせください

物流・倉庫でお困りならお気軽にお問い合わせください。

03-5605-5515

平日 9:30~18:00

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

総務人事が考えるブログ

OTS マーケティング部 OTS マーケティング部

記事を読む

ストック販売の1つの方法:フラッシュセール

OTS マーケティング部 OTS マーケティング部

記事を読む

【税金ってどれくらい払っているの・・・】

OTS マーケティング部 OTS マーケティング部

記事を読む

「ユーモア」を大切に

OTS マーケティング部 OTS マーケティング部

記事を読む

【経費精算の証憑って・・・】

OTS マーケティング部 OTS マーケティング部

記事を読む

  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
不動在庫(デッドストック)がもたらすデメリットと対処法

【在庫の重要性】 在庫は企業活動において非常に重要な要素です。そ

オムニチャネルとはどんな戦略?メリットを解説|成功事例も紹介

実店舗での販売はもちろんのこと、ECサイトへの出品や自社サイト

物流業とは|運送業・倉庫業との違いや今後の課題と対策を解説

物流業は商品やモノをエンドユーザーの手元に届ける重要な役割を果

【物流関係者必見】倉庫業法の違反事例や登録基準を解説

物流事業を支えるうえで欠かせないのが物流倉庫です。荷物を保管す

商流の意味や物流との違い|フロー図の作成方法をわかりやすく解説

モノを製造するメーカーや、商品を販売する小売事業者などにとって

PAGE
TOP