*

【備品管理も重要な総務業務の1つ】

公開日: : 最終更新日:2017/01/24 スタッフ紹介, お知らせ

みなさん初めまして

株式会社オーティーエス 管理部で総務を担当している岡野と申します。

今回からこの『オーティーエス スタッフブログ』に参加させていただきますのでよろしくお願いします。

 

オーティーエスの管理部や総務業務について、このブログを通してお伝えしていく予定ですので読みづらい部分もあるかと思いますが、暖かな目で見てもらえたらうれしいです。

 

では記念すべき初ブログの内容ですが・・・

みなさんは備品管理と聞いてどんな業務だと思いますか?

 

えっそんなことをブログでと言わないでください。

自分は備品管理ってとても面白い業務だと思っているんです。

 

「在庫が無くなった、もしくは無くなりそうな文房具やコピー用紙などを注文する」

 

多くの人が備品管理と聞いて思う業務はこうだと思います。

間違いではないですし、自分も総務担当として最初の頃はそう思っていました。

 

でも総務として仕事をしていく中で

「適切なタイミングで補充されていて、常に適量が維持されている状態」になっているのが備品管理の理想形じゃないかって感じるようになったんです。

(どうしてこういったことを感じるようになったのかは書いたら長くなりそうなので別の機会に書きたいと思います。)

 

この状態に持っていくのは意外と簡単ではないです。

 

まず「適量」がどのぐらいなのか見極めないといけないですし、「適切なタイミング」というのも減るスピードを逆算したうえでの発注が必要です。

備品によって減るスピードが違ってくるのはもちろんですが、同じ備品でも時期や社内行事によっても変わります。

 

今はCMでもおなじみの「たのめ~る」といった発注をしたらすぐに届く仕組みがあるので発注から納期までの時間は逆算しやすいですが、その分油断するとすぐに在庫がない状態になってしまいます。

 

実際、備品管理を担当し始めた頃に、

 

「在庫は多いほうが良いんじゃないか」

「発注したらすぐに届くからまだ大丈夫」

と思っていたら在庫を置くスペースが無くなってしまったり、メーカー側でも在庫が切れていて届くまでに時間がかかり必要なときに使えなかったといった状況を招いてしまったことがありました。

 

このようなことを考えながら備品管理をしていて、減るタイミングと納期のタイミングが一致したときには自分の中でちょっとした達成感を感じています。

無題

どうですか?

こう考えると備品管理もとても奥が深くて面白い業務だと思いませんか?

業務自体は単純なものだとしても理想形を考えてそこに向かっていくことで、面白さが生まれてくるのではないかと思います。

 

今後もこのような形で総務業務について書いていこうと思いますのでよろしくお願いします。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

The following two tabs change content below.
岡野潤一郎

岡野潤一郎

管理部 総務担当。これまでの職場では経理担当としてひたすら数字を追いかける日々を過ごしていたが、OTS入社後に経理→社会保険事務→給与計算と役割を変えて今は総務担当として主にプライバシーマーク運用に携わり文字を追いかける日々を送っている。また、委員会活動の事務局を務めるなど自称ユーティリティプレーヤー(?)これまでの業務により培った知識や経験を元に会社の縁の下の部分をお伝え出来たらと考えています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

2016年新年の抱負

福田 ちづる 福田 ちづる

記事を読む

有言実行、経営理念 その2 ~経営理念の実行~

OTS PR OTS PR

記事を読む

仕事中の服装について

福田 ちづる 福田 ちづる

記事を読む

社員旅行:長崎に行ってきました!

福田 ちづる 福田 ちづる

記事を読む

【親睦って何のため!?】

田中優一郎 田中優一郎

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
物流倉庫における保管料の相場や計算方法を解説

メーカーや卸売企業、小売店舗を経営するうえで、自社が取り扱う製品の在庫

物流業界における市場規模の動向や今後はどうなる?現状の課題と共に解説

2020年以降、コロナ禍によって大幅な減収・減益となった企業も多く、さ

【EC通販に必須】緩衝材とは?種類や上手な選び方のポイントを解説

ネット通販で買い物をしたとき、必ずといっていいほど箱のなかには紙やプラ

【EC・D2C運営必須】商品の同梱物の効果やメリット・活用方法を解説

アパレルやファッション、ジュエリーなどの販売においては、従来のような実

在庫管理における適正在庫の計算方法や維持のポイントを解説

商品をより多くのユーザーの手元に届けるとともに、自社の利益を最大化する

PAGE
TOP