*

オーティーエス×クボタスピアーズ

公開日: : 最終更新日:2022/06/27 ファッション物流, お知らせ, 経営者視点, リユース事業 ,

オーティーエスではプロラグビーリーグのクボタスピアーズ様のパートナー企業としてイベントなどを通じてさまざまな取り組みを行っております。
今回はマーケティング部業務企画室の北野さんと荒木さんに、クボタスピアーズ船橋・東京ベイ(以下、クボタスピアーズと記載)様との取り組みについてお話をお伺いしました。

インタビュー①

Q. 以前オーティーエスの地域との取り組みのひとつとして、ラグビーのイベントを通じた地域美化などの活動を紹介させていただきましたが、クボタスピアーズ様とオーティーエスの関係や公式パートナーとなった経緯などを教えていただけますか?

A. きっかけは、クボタスピアーズ様からの飛び込み電話でした。
クボタスピアーズ様が2020年9月に江戸川区とSDGs推進活動の連携協定を結んだことをきっかけに先方のマーケティングご担当者様が江戸川区の企業を色々調べられていた中で、弊社のSDGsへの積極的な取り組みや東京23FCのスポンサーをしている等の様々な条件のもと、お電話を頂いたと伺っております。
たまたま電話を受けた弊社担当者がラグビー好きだったこともあり、前向きにお話を聞いてみるきっかけとなり、そこから話が広がっていきました。
まずはSDGs推進活動の第1弾として、トップリーグ公式戦の試合会場である江戸川区陸上競技場(通称:えどりく)の会場内で洋服リサイクル活動を実施するお手伝いをさせていただきました。2021年にはラグビーのトップリーグに替わりリーグワンとなったことで、引き続きホストゲームパートナー企業としてお手伝いをさせていただいております。

インタビュー②

Q. なるほど。クボタスピアーズ様からの電話がきっかけだったんですね。他にはどのようなイベントを企画されたのですか?

A. ホストゲームを主催するにあたり、せっかくなのでオーティーエスらしさを出しつつ、「えどりく」に来て頂いたラグビーファンの皆さんに江戸川区に「オーティーエス」という物流会社があることを知って頂けたらと思い、イベントを企画しました。
別日で開催した企業の方がオリジナルグッズを配布していたこともあり、弊社もクボタスピアーズ公式キャラクターとの『コラボエコバック』と『コラボマスクケース』を配布し、特徴を出すために弊社のプロカメラマンによる撮影会をやろうと企画しました。


ただ配るだけでは面白くないと思い『ガラポン大会』にして、参加者全員にコラボグッズを配布し、当たりが出たら撮影できます!という形で行いました。
ただ撮影するだけでは面白くないので、事前に撮影したクボタスピアーズ選手の写真と合成し、あたかもフィールド内で一緒に撮影したような写真をQRコードからご自身の端末よりダウンロードして頂くといった企画を開催致しました。

インタビュー③

Q. グッズ作成や選手との合成写真の企画は参加者からも喜ばれそうな素敵なアイデアですね。では具体的にどのような準備や設営などをされたのですか?

A. まずはプロジェクトチームを発足させました。スポーツイベントに詳しい社員や好きな人を中心に2週間に1回のペースで打合せを行い、コラボグッズや写真撮影の概要を詰めていきました。写真撮影の企画についてはコロナの影響でNGが出たりと様々な問題もありましたが、クボタスピアーズマーケティングご担当者様のお力添えもあり、選手との合成写真企画を開催する事が出来ました。
撮影にあたっては照度の関係で本来オレンジ色のテントで開催するところを白色のテントに変更し、その影響でイベントブースと撮影ブースが離れてしまうなど直前でのレイアウト変更もありました。
また当日は多くの方がガラポンを回されるので参加者全員にアルコール消毒のご協力をいただきました。その他参加者が並ぶ列の誘導や動線の確保、悪天候のため撮影機材が濡れないような設営準備など、予期せぬ事態も発生しましたが大きなトラブルもなく終了することができました。

インタビュー④

準備に携わった社員の皆さんは充実感や達成感を感じられているのではないでしょうか。では最後にイベントを通してどんなことを感じましたか?良かった点や反省点、今後の展望などを教えてください。

A. イベントを成功させる!との思いで役職や部署を超え企画会議を行い、GWであったにも関わらず運営を手伝ってくれたメンバーが笑顔で楽しそうに対応してくれていた事が印象に残っています。業務外ではありますが、こうしたイベントを通して普段あまり関わる事のない社員とのコミュニケーションが図れたと感じました。
イベントにご参加頂いたファンの方の声を直接聞く事は出来なかったのですが、SNSに『素敵な写真を撮っていただきました』との投稿を拝見し、喜んで頂けていたと知ることも出来ました。
また企画会議を進めていく中で『オーティーエスは何の企業なのか』と、アピールすることの難しさを知りました。

今回クボタスピアーズ様はリーグ3位という素晴らしい結果となりました。シーズン終了後のファンイベントにもお声がけをいただき、オレンジアーミー(クボタサポーター愛称)の皆さんと時間を共有する機会もいただきました。私達もオレンジアーミーだと確信できるぐらい、ラグビー好きになりました。「来シーズンも優勝に向けて、頑張っていく。」との決意を聞き、私達もぜひ来シーズンもホストゲームパートナーとして活動させていただきたいと思っております!
今後、クボタスピアーズのゼネラルマネージャーの方と弊社社長の対談も企画しており、その内容は2022年のSDGsレポートに詳しく掲載していきます。
来シーズンは「えどりく」が『オレンジ一色』になるようなイベントを企画していきたいです。
そして今回、初のオーティーエスのCMを作成しました。社員が出演し普段の様子を紹介したものです。これで完成ではなく、さらにバージョンアップさせていただきたいと考えております。

「えどりく」がオレンジ一色になるような今後のクボタスピアーズ様とのイベント企画を楽しみにしています。
社員の皆さんが出演するCMは「オーティーエス」という会社を多くの方に知ってもらえるいいアピールになりそうですね。オンエアが待ち遠しいです。
北野さん、荒木さん、本日はお忙しい中ありがとうございました!

The following two tabs change content below.
OTS PR

OTS PR

「物流からファッション企業を元気にしたいんです・・・」 それって、おせっかいだなと感じます。 でも、そのおせっかいをまじめに、本気で取り組んでいます。 ファッション企業だけに、創業から30年以上多くの企業の物流をサポートしてきました。そこで関わる中で、「もっとこんなことができればと思うんです」 皆様のお役に立つ情報を物流視点から発信いたします。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

【心の余裕】

田中優一郎 田中優一郎

記事を読む

お客様のニーズを求めて・・

呉屋朱理 呉屋朱理

記事を読む

ファッション物流の異物混入騒動を未然に防ぐために!

福田 ちづる 福田 ちづる

記事を読む

世界における衣料品の現状

OTS PR OTS PR

記事を読む

【モーダルシフトって何ですのん!?】

田中優一郎 田中優一郎

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
ココに注目!オーティーエスのwebストア

オーティーエスではwebストア事業としてネットショップを運営し

サスティナブルファッションについて

SDGsへの取り組みが世界的に広まる現在、「サスティナブル」と

オーティーエス×クボタスピアーズ

オーティーエスではプロラグビーリーグのクボタスピアーズ様のパー

世界における衣料品の現状

あなたは洋服を何枚くらい持っていますか?どれくらいのサイクルで

有言実行、経営理念 その2 ~経営理念の実行~

お客様に喜ばれ、働く人達が喜びを感じ、いつまでも社会に貢献し続

PAGE
TOP