*

エンドユーザーに商品をおとどけするために:上

OZPA89_danborumonowotoridasu

こんにちは!ランニング休業中の阿藤です。

 

毎年5月に企業対抗駅伝というのに、

昨年まで2年連続で出場していたのですが、

 

今年はなんと、OTSの社内旅行と日程がかぶってしまって、

3年連続の出場が危うくなっています・・・

 

◆企業対抗駅伝

5名で各5キロを走るんですが、

社内チームワーク向上に効果があるようですよ!

http://www.sportsone.jp/ed/

 

昨年は炎天下で失神寸前の選手もいましたが・・・(笑)

いまではいい思い出です!

 

OTSのEC物流のシステムをご紹介!

 

OTSでは、携帯通販の時代から、約10年前より、

EC(インターネット通販)の物流の対応を行っています。

 

店頭までの物流を担う、toB物流を長年になってきたOTSにとっては、

運送会社さんに引き渡した後に、直接エンドユーザーに届く、toC物流は

 

その特性の違いから、

正直言って、様々な失敗も積み重ねつつ、様々な気づきを得ることも多くありました。

 

代表例として、

 

・在庫が合わない⇒お客様の残念な思いに直結する

・商品の梱包方法や段ボールの外観でも⇒お客様の満足に直結する

・1件、1件を大切に扱う必要がある

 

上記のようなことが挙げられます。

 

でも、これって、今では当たり前のようなサービスになっていて、

OTSしかできない、ってわけでは、本音、そうでもありません。

 

他の業界は年々縮小傾向といわれているのに、

EC業界はまだまだ成長を続けている・・・

 

と、いうことは、EC専門の物流会社様も多くなってきているんですね。

 

でも、OTSがEC物流を始めた10年前はそうではなかった・・・

今回はそんな経緯をお伝えできればと思います。

 

在庫が合わない⇒お客様の残念な思いに直結する

 

『在庫があわない』なんて、合ってあたりまえだろ!と、

思う方もいるかもしれませんが、実はそうでなかったりします。

 

例えば、toB物流では、ブランドの営業スタッフさんが倉庫に来社されて、

直接商品をみて、出荷準備を行う場合があります。

また、まだまだ、アナログな対応をする部分もあり、

正確性と精度よりも、スピードを重視するケースすらあります。

 

それは、ECではもちろんご法度、在庫データはサイトにも掲載されているので

在庫差異=機会損失&お客様満足の低下につながる大惨事につながります。。。

 

そこでOTSは何をしたか?

 

①荷動き(入出庫)をすべてデータ管理し、システム化した

⇒マスタから、入庫の予定データ、出庫データなどをお客様のシステムと連携することで、

どのお客様もOTSの作業を標準化して、そして、人間の手による間違いをなるべく排除することにしました。

もちろん、商品はバーコード管理で、全てハンディスキャナーの導入で、精度、効率の両立を実現しました。

 

②在庫保管もシステム化した

⇒前述の、従来のtoB物流においては、『シーズン』『アイテム』『品番』での保管を求められるケースが多く、

比較的、保管型物流というより、流通型物流のため、

ある意味、物流担当者の勘と経験によるものが多かった現状がありました。

そこでEC物流(toC)では、『フリーロケーション管理』を導入しました。

それは、商品の置き場所をシステムで覚えさせる仕組みで、

 ・空いている保管場所ならどこにおいてもいい⇒保管効率UP

 ・ヒトに依存しない保管のため、誰でも効率的に探しに行ける(ピッキング効率)

こんな効果が期待できます。

 

③送り状と納品書の一体型伝票を導入した

⇒従来は、『送り状』と『納品書』は別々に印刷出力されるものでした、

しかし、別々に出力したら、それを付け合せなくてはならない・・・

そして、間違えたら・・・1件間違えたら2件のご配送が発生。。。

それを解決したのが、『一体型伝票』でした。

はじめから、同時印刷を行うので、

付け合せの手間や間違いが防げる・・・といったことになります。

 

長くなりましたが、次週に続きます!

 

※詳細は、OTSのホームページをどうぞ!

http://www.e-ots.jp/service/ec.html

The following two tabs change content below.
阿藤 貴彦

阿藤 貴彦

ファッション物流改善アドバイザー株式会社オーティーエス
1981年群馬県生まれ。新卒入社でOTSに入社し約10年勤務。 ジュエリー、インポートアパレル会社の業務を5年間担当、その後、現在のマーケティング部営業企画室へ。業務担当の経験を生かして、大手ジュエリーブランド、大手セレクトショップネット通販等の新規立ち上げの担当や新規物流の提案を担当、社内販促の担当も兼務。 物流技術管理士(社)日本ロジスティクスシステム協会認定
阿藤 貴彦

最新記事 by 阿藤 貴彦 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

【人が集まることの価値】

田中優一郎 田中優一郎

記事を読む

理想のアパレル企業 (顧客・メーカー・従業員を大切に…)

都筑一博 都筑一博

記事を読む

オーティーエス社内SEのブログ 物流倉庫の約束事

中村 太一 中村 太一

記事を読む

【LISUTO!2.0始動!】

田中優一郎 田中優一郎

記事を読む

オーティーエス社内SEのブログ 無人化のためには人が必要・・・?

OTS_SYSTEM OTS_SYSTEM

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
退職者の再雇用制度

最近、「退職者の再雇用制度」が注目をされているようです。 広く名前を

【就活応援企画】就活の基本 就職活動での身だしなみ

ゴールデンウィークはゆっくり休めましたか? 気持ちを新たに引き続

【就活応援企画】採用実施!今後の選考スケジュール大公開

昨日から突如始まりました【就活応援企画】ですが、第2弾は私の上司の金野

【就活応援企画】自己分析ができていない! どうしたらいい?

【就活応援企画】と題して、就活生に向けてオーティーエス的就職活動のあれ

えるぼし認定を取得しました!

師走を迎えなにかと気忙しい毎日ですが、ご無沙汰しております。 今

PAGE
TOP