*

当たり前のようで実はそうでないこと

公開日: : 最終更新日:2016/10/18 ファッション物流 ,

こんにちは!

物流改善アドバイザーの阿藤です。

 

先週末は天気も良かったので

ショッピングやちょっとドライブもできていい休日でした!

 

最近一眼レフ(初心者用ですが)も購入したので

撮影日和でなんとも気分が良かったです!

 

さて、最近、物流業務寄りの内容が無かったと思うので・・・

 

勝手にはじめたシリーズ、

『当たり前のようで、実はそうでないこと』第1弾です。

 

今回は、

『システム在庫以上に出荷指示ができてしまうこと』です。

 

このブログを読んでくれている方は

このことをどのように感じるでしょうか?

 

物流に携わっている方ほど、

・在庫以上に指示は打てない方が良い、と思います。

 

出荷指示が来ても、現物の数がわからないと作業に入れず、

手間がかかって、業務の混乱を招く要素でもあるからです。

 

また、最近では、EC関連の方でも特に当たり前に感じているかもしれません。

もちろん、ECでは掲載在庫数をしっかりしておかないと、

それが、ユーザーへの欠品につながり、

そして、機会損失という、サイトの価値の損失につながるのは

いまでは当たり前になっています。

 

当社でも物流のシステムをオリジナルで開発していますが

在庫以上の出荷指示はエラーリストとして挙がる機能となっています。

 

では、どのようなケースの場合、

在庫以上に出荷指示ができるのでしょうか?

 

よくあるケースとしては、

販売管理システムなどの在庫管理機能を

物流機能として利用している場合はよく目にします。

 

販売管理システムは、『販売』視点でのシステム機能なので

例えば、卸得意先への売上を入力したい、

⇒倉庫在庫より、得意先への売上移送をかける、とした場合、

 

工場からの製品の仕上がりから、倉庫への着荷を待たずに処理をすると

もちろん、マイナス在庫になります。

 

端的に見ればいずれ入荷処理がされれば、マイナス分、入荷のプラスで

差異なしで済むのですが、現実ではその連続になるので

 

例えば、今日時点での倉庫在庫はいくつか、

全く分からない状態になります。

 

つまりは、『売り』の視点が強いと、

『管理』の要素が弱まる傾向にあり、

両社はトレードオフの関係かもしれません。

 

なんか、『売り(営業)』と『管理』の関係って、

どこも同じような気がしてきます。

 

『こっちは販売(売り)で大変なんだから、管理はしっかりやっておけよ!』

そんな対立の声がどこかで聞こえてきそうです。

 

150415532410_TP_V

 

その『管理』をしっかりやるにしても

そのポイントがあるのを知ってもらえると助かります。

The following two tabs change content below.
阿藤 貴彦

阿藤 貴彦

ファッション物流改善アドバイザー株式会社オーティーエス
1981年群馬県生まれ。新卒入社でOTSに入社し約10年勤務。 ジュエリー、インポートアパレル会社の業務を5年間担当、その後、現在のマーケティング部営業企画室へ。業務担当の経験を生かして、大手ジュエリーブランド、大手セレクトショップネット通販等の新規立ち上げの担当や新規物流の提案を担当、社内販促の担当も兼務。 物流技術管理士(社)日本ロジスティクスシステム協会認定
阿藤 貴彦

最新記事 by 阿藤 貴彦 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

Calling 自分の天命・・・って?

小橋重信 小橋重信

記事を読む

それでも在庫は増える! (対策編)

小橋重信 小橋重信

記事を読む

ファッションワールド東京2017~案内状お送り致しました!~

呉屋朱理 呉屋朱理

記事を読む

【既存のお客様を死ぬほど大切にする】

田中優一郎 田中優一郎

記事を読む

EC倉庫とアパレル倉庫との違い (後編)

小橋重信 小橋重信

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
人事が考えるOTS

管理部蘆田です。 寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

ファッション物流の入荷作業について

おはようございます。 OTSの福田です。 今年は、これまで

総務人事が考える2018年の目標

管理部蘆田です。 今年初めてのブログとなります。 少々遅い

ヘルメットの耐用年数は?

みなさん、明けましておめでとうございます。 管理部の岡野

【住民税の豆知識】

おはようございます。 年末年始は人事として一年で一番忙しい時期な

PAGE
TOP