*

ファッションブランド担当者必見!アパレルなど補修して店頭に投入できる機能

 

9月に入り、秋も近づいてきたのでしょうか・・・?

少し肌寒いですが、湿度があるので動くとまだ汗がでる季節ですね。

 

こんにちは、修理サービス案内人の阿藤です。

 

今月もOTSのファッション物流通信の

オープントークスの9月号ができあがりました!

 

そこでの記事で

『OTS修理工房』について触れています。

 

blog0908

 

全体の記事はこんなかんじです。

ファッション業界も気になる

新JISの改正についてのQ&Aなどもまとめています。

 

2015.09

 

 

※PDFはこちらで見れます。(こちらをクリック)

 

OTS修理工房ができたワケ

 

①修理工房の背景

 

OTSの修理工房は、

 

ジュエリーでは、15年ほど前からスタートして

いまでは、OTSの見学コースのひとつになるまで

色んな機器と職人の整備を整えることができました。

(手前味噌ですみません。。。)

 

では、アパレルやバッグ、シューズなどの

ファション雑貨の対応は?というと、

 

いままでの現状は、

お客様毎に指定された修理会社さんへ出荷する

いわば、ハンドリング業務が主でした。

 

ジュエリーと違って

アパレルファッションアイテムは

アイテムと修理内容が多岐にわたるのと

 

修理会社さんが多いのも

背景のひとつかな、と思います。

 

しかし、

検品や検針、洗濯ネームの作成&取付を、一つの拠点で

店頭に投入するために必要な作業を、一貫して対応することで

少しでも早く店頭に投入するために生まれたOTSにとっては、

 

修理も対応すれば、

もっとファッション企業様に役にたつ!

 

ということになります。

 

つまりは、

もっと早くから整備すべき事項だったのかもしれません・・・

 

②実はすこしやっていました・・・

 

そうはいっても、実は少し対応していた時期もありました。

それが、今回、OTSが『やろう!』と決めた、

ひとつの成功事例のひとつかもしれません。

 

それは、あるTV通販様の検品業務の事例でした。

 

そこでは、TV通販で購入されて、手元に届くまでに

商品に不具合がないか、その検品業務を主にご提供しているのですが、

 

TV放映が決まっているなかで

商品に不具合があったら、販売しないのが通例です。

 

そうなると、

不具合品があまりに多いと、

仮に500万の予算があったとしたら、

不具合品の分だけ、販売できない⇒販売前から予算に満たない

という現象につながってしまいます。

 

そこで、社内修理を行うことで

少しでも不具合品を減らすことができる

つまりは、売り上げの貢献につながる・・・

 

そんなことを

もっと多くのファッション企業様に提供できればいいと思います。

 

今年の4月頃から強化をはじめて

少しずつですが、修理できる範囲もひろげています。

 

もちろん、手に余る修理内容もありますが

専門の会社さんと提携もしているので

責任をもって対応しています。

 

品質管理の責任者の言葉を借りると

 

・値段もメリットがあって

・なにより、スピードにメリットがあるようです。

※とはいっても緊急対応には限りがありますからね

 

以上、そんな思いと背景でOTSでは修理工房を立ち上げた、

というか強化をしていますので

 

『あ、そんなことやってんだ??』

 

と思う方は是非、ご相談をお願いします!

 

OTSのホームページより

お問い合わせお待ちしています。

 

http://www.e-ots.jp/

 

The following two tabs change content below.
阿藤 貴彦

阿藤 貴彦

ファッション物流改善アドバイザー株式会社オーティーエス
1981年群馬県生まれ。新卒入社でOTSに入社し約10年勤務。 ジュエリー、インポートアパレル会社の業務を5年間担当、その後、現在のマーケティング部営業企画室へ。業務担当の経験を生かして、大手ジュエリーブランド、大手セレクトショップネット通販等の新規立ち上げの担当や新規物流の提案を担当、社内販促の担当も兼務。 物流技術管理士(社)日本ロジスティクスシステム協会認定
阿藤 貴彦

最新記事 by 阿藤 貴彦 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

【ご来展頂きありがとうございました!】

田中優一郎 田中優一郎

記事を読む

QCサービスの可能性

田中優一郎 田中優一郎

記事を読む

2015年も大変お世話になりました。

阿藤 貴彦 阿藤 貴彦

記事を読む

いまさら聞けない??百貨店納品するための5つの方法

阿藤 貴彦 阿藤 貴彦

記事を読む

請求項目の見直しについて

福田 ちづる 福田 ちづる

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
【えるぼし認定を取得しました!】

師走を迎えなにかと気忙しい毎日ですが、ご無沙汰しております。 今

人事が考えるOTS

管理部蘆田です。 寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

ファッション物流の入荷作業について

おはようございます。 OTSの福田です。 今年は、これまで

総務人事が考える2018年の目標

管理部蘆田です。 今年初めてのブログとなります。 少々遅い

ヘルメットの耐用年数は?

みなさん、明けましておめでとうございます。 管理部の岡野

PAGE
TOP